Fireside chat with Tom Kelley and Mak Takano

To kick off the first edition of the D4V blog, we thought we should go straight to D4V’s two founders and ask them about how it all started. We have with us today our Chairman Tom Kelley and CEO Mak Takano, to share stories about the genesis of D4V, as well as their views on venture capital and innovation in Japan.

日本語は英語の下にあります。

Tom Kelley, a partner at the global design and innovation consultancy IDEO is also the best-selling author of Creative Confidence and The Art of Innovation.

Mak Takano spent over 30 years in the financial industry in Japan, holding key positions at Daiwa Securities, Goldman Sachs Asset Management (GSAM) and PIMCO Japan. More recently he serves as Director of Nippon Finance Association, CEO of Forbes Japan as well as a number of key positions for NPOs/ NGOs such as Human Rights Watch and Endeavor.

Tom, Mak, thank you for agreeing to be the first on the D4V blog interview hotseat. Let’s jump right in.

How did the both of you, coming from different backgrounds, get involved in the VC space?

· Tom: I have worked around the VC ecosystem throughout my entire IDEO career, and have always thought of venture capital as an important ingredient for entrepreneurial success. For example, without venture capital investment, the Silicon Valley as we know it would not exist. In addition to our core consultancy business, IDEO has also encouraged entrepreneurship in the past decade via activities such as hosting startups in residence and incubating new ventures. So when Mak and Taniya-san proposed creating a design-oriented venture firm together three years ago, I was excited about the idea from the very beginning.

· Mak: When I retired from PIMCO in 2014, I knew I wanted to focus on giving back to society, to somehow utilize the experience and knowledge from my years in the financial industry to grow new industries, and in my own way, contribute to cultivate Japan’s entrepreneurism and re-establish Japan as a center for innovation. I started by angel investing into promising startups, got into media with Forbes Japan and later became CEO of a Japanese VC. We soon realized that we aspired to be a more globally oriented VC. That’s when Taniya-san suggested IDEO as a partner, since he had experience working with them at the ISAK international school in Karuizawa, which he had co-founded. At that time I had also developed a great relationship with Tom and so we brought the idea up to him, and he loved the idea right away. When IDEO CEO Tim Brown came to Tokyo a week later, we pitched the idea to him and things took off very quickly from there.

How did you arrive at the name D4V?

· Tom: Although the name D4V (Design for Ventures) may sound unusual, or even confusing at first, it makes good sense within the context of IDEO’s other ventures. For example, we have a group in San Francisco called Design for Learning, or “D4L” that brings human-centered design to education. Another group, Design for Change (“D4C”), helps leaders transform their organizations’ cultures. Yet another group, Design for Augmented Intelligence (D4AI), takes a human-centered approach to data science. Once you know about those other successful groups in the IDEO community, D4V seems like a natural choice that fits into the family of names.

Earlier Mak mentioned the personal motivation to “give back to society”, I suppose this is an integral part of D4V’s mission?

· Tom: Of course we will help our portfolio companies be successful, and we intend to deliver a solid return to our limited partners. Beyond the financial returns, we would love to look back a decade from now and see a transformation, where Japan is considered a hotbed for entrepreneurship and where entrepreneurial ventures do contribute significantly to GDP and startups do offer a viable and attractive career path for bright people. In that moment, it would be greatly rewarding to feel that we helped make such changes possible.

· Mak: Absolutely. Giving back to society is a big part of this new venture. But as Tom has mentioned as well, we also aspire to make D4V a globally competitive VC, contribute to making the Japanese VC ecosystem more global, and hopefully in the process also uncover unicorn startups for D4V.

What are both of you most excited about for D4V in the immediate future?

· Mak: Since we recently moved into the same studio with IDEO at One Omotesando, I look forward to see the collaboration between the venture capitalists and designers in D4V/ IDEO and to develop great programs that can help our portfolio companies

· Tom: Now that all the fundraising activities from 2017 are completed, I am personally very excited to shift gears and focus more on how to unlock the value of our portfolio companies as they thrive and grow.

Mak, you are also part of the JVCA (Japan Venture Capital Association), what are you thoughts about the current state of VC in Japan?

· Mak: As Tom mentioned earlier, I believe Japan is on the cusp of an innovation explosion, we see it in the increasing number of young people who are now challenging themselves in creating their own startups or joining startups; we see it in the government policies that are recognizing the vital role that venture plays in the health of the economy; and we see it with the entrance of global players into the Japanese startup ecosystem. Japan has always had a strong foundation for ventures to be successful, a world class infrastructure, healthcare, education system. All the pieces are all in place to expect growth in this area. Furthermore, Japan also faces certain distinct socio-economic problems much earlier than other global cities, such as those that come about from an increasingly aging population — and Japanese startups that successfully address these problems should have a headstart when they go global…in a word, I think Japan has been relatively undervalued for its creative thinking and ventures.

Maybe to close this brief conversation, you can share with our audience something that we might not otherwise know about you? Perhaps share with us how you spend your weekend?

· Tom: I am a huge film buff, and watch over 100 movies a year. My wife, Yumi, is from Sapporo and is very social, so our weekends are filled with dinner parties and events in the San Francisco Bay Area and beyond.

· Mak: You know I hardly ever spend my free time at home. I always try to fill it with some activity, such as golfing, or travelling. Some people say I’m like a tuna fish, as you know a tuna cannot stop swimming during its entire life!

Mak, Tom, thank you for this chat and sharing with us a little bit about the background of how D4V came to be.

(Interview was conducted on May 24th, 2018)

本日より、D4Vのオフィシャルブログを始めます!

今後ブログを通じて様々な情報を発信してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

初回である今回は、D4Vのファンド創設者であるトム・ケリーと高野真へのインタビューを通じて、D4Vの創業秘話や日本のベンチャーキャピタル業界やイノベーションの見立てについてお伝えできればと思います。

話者紹介:

トム・ケリー(D4V会長/以下、トム)

グローバルデザインコンサルティング会社であるIDEOのパートナー。創業当初よりIDEOの成長に貢献し、現在は、主にイノベーションやIDEOのデザインアプローチをテーマに講演活動を行う。代表的な著書に、「クリエイティブ・マインドセット(英名:Creative Confidence)」(日経BP)、「The Art of Innovation」など

高野真(D4V CEO/以下、高野)

金融業界において30年以上のキャリアを持ち、大和証券、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、ピムコジャパンリミテッドで要職を歴任。現在は、アトミックスメディア代表取締役CEO/フォーブス ジャパン編集長の他、GHV Acceleratorボードメンバー、エンデバー・ジャパン代表理事、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会専務理事、学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン理事、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事、ヒューマン・ライツ・ウォッチ国際理事、東京フィナンシャル・リサーチ編集委員も務める。

2人は違うバックグランドを持っていますが、それぞれどのようにして日本のベンチャー業界に関わるようになったのでしょうか。

  • トム:私がこれまでIDEOで働いてきたなかで、ベンチャーキャピタルのエコシステムは、常に身近なところにありました。その中で、起業家の成功の裏には常にVCが存在していることを実感していました。例えば、VCの投資なくして、現在のシリコンバレーは存在し得なかったでしょう。IDEOは、事業の核であるデザインコンサルティングに加え、過去数十年にわたって、起業家にオフィスを提供したり、新規事業を育成することを通じて、アントレプレナーシップを育ててきました。そのため、3年前に高野さんと谷家さん(谷家衛・D4V ファウンダー)からデザインに重きをおいたVCを立ち上げることを提案された当初から、とても楽しみにしていました。
  • 高野: 私が2014年にピムコを離職した際、私が過去数十年にわたって金融業界で培ってきた知識やノウハウを、社会還元したいと考えました。そのためには、それらの知識を用いて、日本の起業を後押しし、日本をイノベーションの中心となる国になるようサポートすることが必要です。そのような考えをうけ、エンジェル投資の実施、更には、Forbes Japanの編集長やD4VのCEOになることを決めました。しかしながら、VCを始めてすぐに、我々はより国際的なVCとなることを求められていると感じました。まさにその時、谷家さんから、彼が共同発起人代表を務める軽井沢のインターナショナルスクール、UWC ISAK Japanを開校前から支援していたIDEOをパートナーとすることを提案されました。旧友のトムにすぐに相談、合意し、その一週間後にはIDEOのCEOであるティム・ブラウンが来日、すぐにD4Vを一緒に設立することが決まりました。

どのような経緯で、D4Vという名前になったのでしょうか。

  • トム:D4V(Design for Ventures)というネーミングは、みなさんにとってはもしかして馴染みがなく、最初はわかりにくかもしれませんが、IDEOの他のプロジェクトのネーミングをみていただくとご理解いただけると思います。例えば、我々はサンフランシスコに“D4L”(Design for Learning)というグループがあり、人間を中心に考えるデザインの教育を行っています。また別の”D4C”(Design for Change)というグループでは、リーダーが組織文化を変えるためのサポートを実施しています。更に、”D4AI”(Design for Augmented Intelligence)というグループは、データサイエンスに人間中心のアプローチを取り入れようとしています。IDEOコミュニティ内のこうした成果を上げている取り組みに倣い、”D4V”と名付けてIDEOファミリーに加わったのは、自然な流れでした。

先ほど、高野さんは個人の目標として”社会への還元”と表現していましたが、それはD4Vのミッションにも必要不可欠です。どのようにお考えですか?

  • 高野:D4Vにも、確かにその面もあります。ただ、それだけでなく、日本のVCエコシステムをよりグローバルに展開することに貢献し、D4Vが世界でも競争力を持ったVCになることを目指しています。そのプロセスの中で、D4Vの投資先からユニコーンが生まれたら嬉しいです。
  • トム:もちろん、我々は投資先がうまくいくようにサポートをし、LPの方々に着実にリターンをお返ししたいと思っています。しかし、単なるファイナンシャルリターンを超えて、10年後に振り返ったとき、日本が起業家精神に溢れた場所になり、スタートアップが日本のGDPに大きく影響を与え、スタートアップという選択肢が才能のある人にとって魅力的なキャリアパスになることを目指しています。その時、我々は大きな変革を可能にする助けができたと感じることができると思います。

2人が最近、D4V関して胸が高鳴っていることは何でしょうか。

  • トム:2017年から取り組んできた資金調達が完了した今、これからは投資先が成長する過程で、いかに彼らの価値を解放するかという点に注力する方向にギアチェンジをすることに、個人的にとてもワクワクしています。
  • 高野:我々はIDEOと同じオフィスに移転したので、ベンチャーキャピタリストやデザイナーがより一層深く協働し、投資先をサポートしていくことに期待しております。

高野さんはJVCA (Japan Venture Capital Association / 一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会)の理事でもありますが、現在の日本に置けるVCの状況についてどう感じていますか。

  • 高野: 先ほどトムが言っていたように、現在の日本はイノベーションが爆発的に生まれる幕開けの中にいると信じています。それは、自らスタートアップを立ち上げたり、スタートアップで働くことにチャレンジする若者が増えていることからわかります。さらには、国の政策が、経済の健全性において果たすベンチャーの役割の重要さを認識して変わってきていたり、世界中のプレイヤーたちが日本のスタートアップのエコシステムに参入していたりすることもその予兆だと思います。日本には、ベンチャー企業が成功するための強力な基盤、世界クラスのインフラ、医療、教育システムなどが常にありました。すべてのピースがあるべき場所に収まり、さらなる発展が期待されています。さらに、日本は、世界中のどの都市よりずっと早く、高齢化などの独特な社会経済的問題に直面しています。こうした問題にうまく取り組む日本のスタートアップは、海外展開の際、一歩先んじることができる考えています。要するに、日本のこうしたクリエイティブな思考やベンチャーは比較的過小評価されているんじゃないかと思うのです。

最後に、2人について読者が知らないであろうことを教えてください。例えば、週末はどのように過ごしていますか?

  • トム: 私はものすごい映画好きで1年に100本以上は見ています。妻のユミは札幌出身で、とても社交的。私たちの週末はサンフランシスコのベイエリアやもう少し遠い場所でのディナーパーティーやイベントの予定で埋まっています。
  • 高野 私は家でゆっくりすることがほとんどありません。いつもゴルフや旅行の予定で埋めてしまいます。人からはよく「泳ぎ続けなければ死んでしまうマグロみたいだ」と言われます!