Downfall of Gaia Japan Tour #6

mstn
mstn
Nov 22, 2015 · 9 min read

11/14 @新大久保アースダム TJLA FEST 2015 DAY 1

荷台で交代で寝ることでキツイながらも最悪の状態を回避しながら東京までたどり着くことができた。安西くんを送り届け、3LA本部まで戻る。TJLA FESTがいよいよ始まる。バンド入りまであと数時間しか猶予はない。2時間だけ寝て出発する…がメンバーやはり動きが遅い。

大久保への道は混んでいる。ツアー期間はずっと忙しいので世間の動きを忘れてしまい、週末だということを意識しなくなってしまうが現実に引き戻される。新宿は鬼渋滞。新大久保で打ち止めのコインパーキングを発見してアースダムへ急ぐ。まったくいつになったら余裕のある企画進行ができるようになるのだろうか。(ヒント:早起き)

会場には既にKIMIさん(TJR)は当然到着済み。Downfall of Gaiaはサウンドチェック後に朝飯へ。しかしトイレに入ったままこもっちゃったりして出てこないので自分だけ会場に戻りグダグダな状態のまま顔合わせへ。ちょっとあれは良くなかったな…。会場前の準備を終えて、あとは蓋を開けて楽しむだけというところまで来た。開場待ちの人もちらほら。あとはやるだけだ。ヤるのは俺じゃなくてバンド。よろしくおねがいします!

ライブの模様は自分は全編見れたわけじゃなくて、物販とかもやっていたんで全バンド数曲ずつ見ている形になっています。内容については他ブログのライブレポなんかも見てください。

[外部ブログ]となりの部屋から超鋼鉄重低爆音

イベントの一発目を決められるバンドというのは本当に少ないと思う。単純に最初から爆発させられるバンドという意味でも、3LAのサポートしてきた音楽、ネオクラストの文脈としても、一発目がsekienからというのはかなり最初の時点で決まっていた。バンドのほうに話を持っていったときも即決。sekienに何か話をもっていくと完全に前のめりのシンコペーションで返答をもらえるので面白いです。一番手から既に多くのお客さんが集まってくれたのも嬉しい。これ以上ないシチュエーションでバンドも最高のパフォーマンスをみせてくれた。TJLAというイベントの熱量に全力に応えてくれている。熱かったです。セットリストをおなじみのsekienアンセムで締めくくりベース弦を引きちぎって終了!会場が一気に熱を帯びたように感じました。アースダムの音響もめちゃくちゃフィットしてましたね。

続くは、レコ発以来約2年ぶりのライブとなるafter forever。悠久の時間をかける彼らでしたが演奏は仕上がっている。sekienが爆発させた会場の温度を保ちながら過去の名曲たち(for me)を演奏していく。数年ぶりに演奏する曲なんかもあって、激情黎明期の熱さを感じさせる00年代テイスト!爆音でafter forever聴けたのって何年前だかわからないけど、今回に限らずまたライブをして欲しい。見たいのでまた呼びますねw あと途中で物販に戻ったときに自分がいじられてしまったのが残念です…そこに居たかった…!

そして前日大阪から連戦となっているStubborn Fatherの登場。sekienといい、彼らといい、ちょっと凄いことになってきているのを感じる。既にめちゃくちゃいい感じではないか!地方バンドは疲れがあるはずなのに昨日以上の気合の入り方をしていて切れ味が半端ないことになっている。お客さんもそれに応える。ポジティブなエネルギーの連鎖が生まれているのを感じました。暗闇とフラッシュライトの中で繰り広げられる儀式のようなライブアクト。まさに現メンバーになってのハイライトのひとつであると確信させられるエポックな瞬間の数々。東京で初めて見るお客さんも多かったのも良かったし、The Caution Childrenの連中もすごく気に入っていたようです。

激情、ネオクラスト、ブラッケンド系を目当てに来ていたお客さんにいい形で不意打ちをかけたのはOvumだろう。自分が過去聞いてきた音源の印象とは全然違う雰囲気のサウンドで驚いた。もっと綺麗で繊細なエモ/ポストロックなインストかと思いきやゴリッゴリのポストメタルサウンドを爆音で鳴らす。これはすげえ!さっきまで破壊的なハードコアが鳴っていたのにお客さんはこちらのサウンドもきっちり受け入れて楽しんでくれてる。良いものは良い。それだけなんですよね。この場所では音楽のジャンルでの分断は起こってなかった。断言できます。

国内勢4組が終わり、いよいよ北欧の貴公子的ビジュアルを誇るSuis La LuneヘニングさんのソロプロジェクトYears Passingの登場。予備知識はほとんどなくてどんなライブをするのかと思えば、しゃがんだままエフェクトペダルを操作しながらアンビエントサウンドを垂れ流す。しゃがんでいるので後ろのほうのお客さんは何をやっているのかわからなかったと思うが大丈夫、前で見ていても何やっているのかよくわからなかった。しかし生まれている音は癒し属性の美しく儚い哀愁が漂う透明な音色でした。イケメンアンビエントでゆっくりした時間が流れました。

この流れでありえない流れだが次はCoffinsの登場!会場はいつの間にか謎の外国人のお客さんも集まりだしていてカオスな雰囲気が漂う中、そんなことはおかまいなしに世界基準のデス、ドゥームメタルを豪快にぶん投げる!新ベーシストとしてweeprayあたけさん加入後初となるステージはお客さんも待ってましたといわんばかりの盛り上がりで、汚い音なのに謎の感動さえ起こる素晴らしいステージでした。あたけさん加入だからかはわかりませんが、今ままでとはまた少し違った雰囲気のCoffinsになるだろうなという予感がありました。メタル文脈的にバンドの持っているものとTJLA FESTとでは異なる部分も多かったと思いますが、出演を快く引き受けてくれたことに本当に感謝…現メンバーでの新しい音源が楽しみです!

忙しくなってきてThe Caution Chirdrenは数曲しかみれなかったけど、噂以上の挙動不審なボーカリストの存在感が衝撃的でした。楽曲としてはエモ、ポストロック、シューゲイザーを組み合わせたサウンドなのだが、ボーカリストの持つキャラクター性が加わったライブという空間になるとまた違った風に聞こえて来る。というか、ボーカリストの動きを目で追ってしまう。これこそがエモではない”エモ”ってやつだ。めちゃくちゃ、なようでいて決めるところは決める。狙ってやっているのかなぁ…謎のテンションで最後まで走り抜ける。(2日目はこのテンションが更にエスカレートする)ストレンジな雰囲気だけど、愛されオーラはめっちゃ醸し出してますよね彼らは。

最後はいよいよDownfall of Gaia。彼らもまた長旅と長距離ドライブの中でまだ十分な休息を得られてないはずなんだけど、昨日以上のライブをしてくれた。思うんだけど、もしかしたら余裕のある状態よりも、疲労などの逆境がある極限状態に近づけたほうが人は良いライブをするのではないだろうか。彼らのライブはTha Caution Childrenとは逆のベクトルでメンバーのキャラクター性というものはほとんど表には出てこない。ドラマーの強烈なビートやアトモスフェリックなトレモロギターリフなどを組み合わせた全体でひとつの音の塊でしか表現されない。それらは好き嫌いがわかれるものかもしれないが、この出演順の中では良い感じで対比ができていたと思う。アンコールを含め最後まで強烈なポストブラックメタルサウンドをアースダムに叩き込む。終演後は物販もよく売れており、ここまでの苦労が報われたような感じがしました。バンドのほうも充実感のある雰囲気で、終わったあとは笑顔でした。最後まで見てくれたお客さんにも感謝です。時間全然押してなくてほぼオンタイムで進んで良かった…。すごいチームプレーでした。

そんな感じで1日目が終了!たくさんのお客さんに会えて良かったです。関東以外からも来てくれた方もたくさんいたようで…みなさんの期待に応える内容になっていたら嬉しいです!

打ち上げは無しだったので、はやめにみんな離脱。今日はいっぱい寝れるよとバンドに伝えるとめっちゃ喜んでいましたが、さぁ戻ろうとバンに荷物を入れた後、「なんか食いたい」と言い出したので街を少し散策。基本的に値段は安くないので店の前でメニューを見ると動きが止まってしまう。いつものパターンだ。こういう時はファミレスを紹介するに限る。ガストの前にメンバーを連れていくと2秒で「COOL, ここに決めた」って感じで即決定。サイゼリアよりもピザの量もポテトも多いのでメンバー大満足。テーブルに座ってからビールを飲んだメンバーたちはいい感じにリラックスしている。クソみたいな新曲「TOKYO」も披露してくれました。あれはマジでボツですね。

続く。

[購入]Aeon Unveils The Thrones Of Decay / Downfall of Gaia (CD)

Downfall of Gaia Japan Tour

Tour Daily by Akihito.Mizutani

    mstn

    Written by

    mstn

    from 3LA

    Downfall of Gaia Japan Tour

    Tour Daily by Akihito.Mizutani

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade