銀河鉄道の夜

caption入り〼

test

ジヨバンニが勢よく歸つて來たのは、ある裏町の小さな家でした。その三つならんだ入口の一番左側には空箱に紫いろのケールやアスパラガスが植ゑてあつて、小さな二つの窓には日覆ひが下りたままになつてゐました。
「お母さん、いま歸つたよ。工合惡くなかつたの。」ジヨバンニは靴をぬぎながら云ひました。
「ああ、ジヨバンニ、お仕事がひどかつたらう。今日は涼しくてね。わたしはずうつと工合がいいよ。」
 ジヨバンニは玄關を上つて行きますとジヨバンニのお母さんがすぐ入口の室に白い布を被つてやすんでゐたのでした。
 ジヨバンニは窓をあけました。
「お母さん、今日は角砂糖を買つてきたよ。牛乳に入れてあげようと思つて。」
「ああ、お前さきにおあがり。あたしはまだほしくないんだから。」
「お母さん。姉さんはいつ歸つたの。」
「ああ、三時ごろ歸つたよ。みんなそこらをしてくれてね。」
「お母さんの牛乳は來てゐないんだらうか。」
「來なかつたらうかねえ。」
「ぼく行つてとつて來よう。」
「あああたしはゆつくりでいいんだからお前さきにおあがり。姉さんがね、トマトで何かこしらへてそこへ置いて行つたよ。」
「ではぼくたべよう。」
 ジヨバンニは窓のところからトマトの皿をとつてパンといつしよにしばらくむしやむしやたべました。
「ねえお母さん。ぼくお父さんはきつと間もなく歸つてくると思ふよ。」
「あああたしもさう思ふ。けれどもおまへはどうしてさう思ふの。」
「だつて今朝の新聞に今年は北の方の漁は大へんよかつたと書いてあつたよ。」
「あつたけどねえ、お父さんは漁へ出てゐないかもしれない。」
「きつと出てゐるよ。お父さんが監獄へ入るやうなそんな惡いことをした筈がないんだ。この前お父さんが持つてきて學校に寄贈した巨きな蟹の甲らだの馴鹿の角だの、今だつてみんな標本室にあるんだ。六年生なんか、授業のとき先生がかはるがはる教室へ持つて行くよ。」
「お父さんはこの次はおまへにラツコの上着をもつてくるといつたねえ。」
「みんながぼくにあふとそれを云ふよ。ひやかすように云ふんだ。」
「おまへに惡口を云うの?」
「うん、けれどもカムパネルラなんか決して云はない。カムパネルラはみんながそんなことを云ふときは氣の毒さうにしてゐるよ。」
「カムパネルラのお父さんとうちのお父さんとはちやうどおまへたちのやうに、小さいときからお友達だつたさうだよ。」
「ああだからお父さんはぼくをつれてカムパネルラのうちへもつれて行つたよ。あのころはよかつたなあ。ぼくは學校から歸る途中たびたびカムパネルラのうちに寄つた。カムパネルラのうちにはアルコールラムプで走る汽車があつたんだ。レールを七つ組み合せると圓くなつてそれに電柱や信號標もついてゐて、信號標のあかりは汽車が通るときだけ青くなるやうになつてゐたんだ。いつかアルコールがなくなつたとき石油をつかつたら、罐がすつかり煤けたよ。」
「さうかねえ。」
「いまも毎朝新聞をまはしに行くよ。けれどもいつでも家中まだしいんとしてゐるからな。」
「早いからねえ。」
「ザウエルといふ犬がゐるよ。しつぽがまるで箒のやうだ。ぼくが行くと鼻を鳴らしてついてくるよ。ずうつと町の角までついてくる。もつとついてくることもあるよ。今夜はみんなで烏瓜のあかりを川へながしに行くんだつて。きつと犬もついて行くよ。」
「さうだ。今晩は銀河のお祭だねえ。」
「うん。ぼく牛乳をとりながら見てくるよ。」
「ああ行つておいで。川へははいらないでね。」
「ああぼく、岸から見るだけなんだ。一時間で行つてくるよ。」
「もつと遊んでおいで。カムパネルラさんと一緒なら心配はないから。」
「ああきつと一緒だよ。お母さん、窓をしめて置かうか。」
「ああ、どうか。もう涼しいからね。」
 ジヨバンニは立つて窓をしめ、お皿やパンの袋を片附けると勢よく靴をはいて、
「では一時間半で歸つてくるよ。」と云ひながら暗い戸口を出ました。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated DPGM+tw01’s story.