明治大学 #CE概論 オープンソースハードウェアについて講演 そしてコピーバンドの大事さ

TAKASU Masakazu
Dec 5, 2018 · 3 min read

いつもお世話になっている宮下芳明教授のアレンジで、明治大学の授業CE概論(たぶんFMS,先端メディア学科の授業)で1時間ほど、ハードウェアハッカーの話をしてきた。

明治大学 #CE概論 講演「オープンソースハードウェアという、個人や小規模イノベーター、ゲリラにとって合理的なやりかた」 動画

明大FMSの学生はツイッターをよく使うので、まとめは良い感じのダイジェストになっている。

今回の資料の何割かは、金沢大の秋田純一教授の資料からもらってきたものだ。僕と秋田先生は、大垣ミニメイカーフェアで秋田先生がハッキングの技解説、僕が製品やビジョンについて話す、「ワザの1号力の2号」(昔の仮面ライダーのキャッチコピー)合わせ技プレゼンをしている。こちらも、特に聴衆がメイカーたちばかりだったことから、すごい良い講演になった。

大垣ミニメイカーフェア講演 「ハードウェアハッカーの世界 Chumby Novena Chibitronics」

コピー演奏をする面白さと大事さ

最近、伊藤亜聖さん 藤岡淳一さん 秋田純一さんなど、最近よくイベントやる面々で話したときに、共通するテーマの他人が作った資料を自分で説明することを「コピーバンド」と言った。藤岡さんと僕と伊藤さんは、深圳について説明するときに、お互いの資料をよく引用する。ハードウェアハッカーの僕が好きなフレーズにこうある。(紙版では17P)

他人に厳密に説明しようと思うまでは、理解したと自分で思い込むのはかんたんだ。

読むことや聞くことは、話すことや書くことでより深く理解できる。聴衆の顔色や質問で、どのぐらい理解してもらえているかや、興味を惹けているかはわかる。どこかのミュージシャンが、「コピー演奏すると曲についてより深くわかる」と言っていた。パワーポイントのスライドは強調によって成立している。説明する順番とか「なんでここを強調したのか」などに、話していて改めて気づくことも多い。
最近ペア読書というのが流行ってるみたい(やったことはない)だが、一部通じる試みかもしれない。

ハードウェアハッカーについては、まだきちんとわかっていないことばかりだ。これからもいろんなところで話して、理解を深めていきたい。

ニコ技深圳コミュニティ Nico-Tech Shenzhen

深圳のメイカー達と交流する「ニコ技深圳コミュニティ」 https://medium.com/ecosystembymakers/about-e306f96168b8

TAKASU Masakazu

Written by

Maker, and agnostic. I love The Future,Internet and Energyful days. Facebook http://facebook.com/takasumasakazu Profile https://goo.gl/gskjzD

ニコ技深圳コミュニティ Nico-Tech Shenzhen

深圳のメイカー達と交流する「ニコ技深圳コミュニティ」 https://medium.com/ecosystembymakers/about-e306f96168b8

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade