【のどから手が出るほど求められ、泣いて喜ばれる人財】

・経営の根幹を汲み取るコンセプト力・コンサル視点

・特化領域、且つ、専門に囚われない綜合力

・マネージャーの立ち位置で「やる人」

・新卒くらいの月給で雇える

ズバリ云えば

古田監督のような

プレイングマネージャー!


ある段階を超えたトップ階層は

アドバイスや提案は求めていない。

それより「実働」「協働」「共創」できる

パートナーを渇望している。

ハイクラス・ハイニーズな人ほど、呼吸を合わせながら、背中を預け、共に動ける優秀なパートナーを常に探している。

大学や企業のトップは口を揃えてそう云うが

その広い人脈を辿ってもなかなかいない稀有な人材。

周りのトッププレイヤーたちは、

この領域で重宝されている気がする。

会社の内と外の間らへん。

コンサルと専務の間らへん。

外部からの型通りの助言は、

もうそんなに要らない。

社内の指示待ち人間も使えない。

そんな時、

大局に立ち社内外をつなぐ

マネジメントが担える

そんな

「経営視点を持つ敏腕マネージャー」は

喉から手が出るほど欲しがられる。

そして、泣いて喜ばれる。

要は、内から外へのインサイドアウトで、共に働き、変革を共創できるプレイングマネージャーである。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Kyosuke Kuwahara’s story.