サッカー選手もビジネスパーソン。セレッソ大阪の8人と名刺交換してみよう

Chika Murakami
Aug 3, 2018 · Unlisted

Eight × セレッソ大阪の特別コラボ企画!名刺のQRコードをEightで読みとると選手とつながれます。彼らのビジネスパーソンとしての一面を垣間見られるかもしれません。【Column】

Image for post
Image for post

こんにちは。Eightの村上です。

8月15日(水)に大阪で開催される対清水エスパルス戦で、セレッソ大阪の選手8名とEightで名刺交換ができます!

今回の企画には「8」という数字が関係しています。通常、サッカーのエースナンバーは「10」ですが、セレッソ大阪にとっては「8」も特別な意味を持っています。それは、「ミスターセレッソ」と呼ばれるスタープレーヤー森島寛晃さんの背番号だったから。彼の引退後も、「8」は中心選手に受け継がれています。名前のご縁もあり、セレッソ大阪とEightでコラボ企画を行うことになりました。

最初、私はサッカー選手が名刺を持っていることを意外に感じました。テレビの向こう側で試合をしている彼らが、かしこまって名刺を差し出すシーンを想像できなかったからです。しかし、今回の企画を通じて、それはむしろ自然なことだと思うようになりました。サッカー選手には、スポンサーパーティーやサポーターとの交流など、現役時代の支えや、引退後のビジネスにつながる出会いの場があることを知ったからです。

では、サッカー選手にとって名刺交換はどのような意味を持つのでしょうか。引退後もチームに残り、スタッフとして活躍する森島さんを、Eightが運営するメディアBNLで取材しました。「元サッカー選手」という枠を超えて、ビジネスの幅を広げ続ける彼の仕事観が伝わってくる記事です。ぜひご一読ください。

Image for post
Image for post
関連記事:ミスターセレッソ森島寛晃に訊いた、選手にとっての名刺交換の意義、エースナンバー「8」への想い

試合が行われるキンチョウスタジアム(長居球技場)の各所に、名刺を差し出す選手の等身大パネルやポスターなどがあります。その名刺のQRコードをEightで読みとると選手とつながり、プロフィールや投稿が見られます。ビジネスパーソンとしてのサッカー選手がどのようなことを発信するのか、気になりませんか?

当日スタジアムに行けない方も、記事の後半に各選手の名刺画像を貼っていますので、ぜひつながってみてください。

【操作手順】

  1. [プロフィール]タブを選択して[名刺交換]ボタンをタップ
Image for post
Image for post

2. 名刺交換の方法を選択

Image for post
Image for post

3. [QRコードリーダーを起動する]をタップ

Image for post
Image for post

QRコードリーダーを起動したら、さっそく選手と名刺交換してみましょう。今スマホでこの記事をご覧になっている方は、PCや他のスマホにこのページのリンクを送って表示したうえで、読みとってください。

Image for post
Image for post
背番号8:柿谷曜一朗(FW)
Image for post
Image for post
背番号10:清武弘嗣(MF)
Image for post
Image for post
背番号6:山口蛍(MF)
Image for post
Image for post
背番号9:杉本健勇(FW)
Image for post
Image for post
背番号7:水沼宏太(MF)
Image for post
Image for post
背番号13:高木俊幸(FW)
Image for post
Image for post
背番号14:丸橋祐介(DF)
Image for post
Image for post
背番号2:松田陸(DF)

今回のように、QRコードを使った名刺交換機能は、一対大勢で交換するときに役立ちます。例えば、セミナーで登壇するとき、プレゼン資料の最後に自分のQRコードの画面キャプチャを貼れば、一度にたくさんの来場者とつながれます。

もし機会がありましたら、ぜひお試しください。

Eight Blog

名刺アプリEightの公式ブログです。

Medium is an open platform where 170 million readers come to find insightful and dynamic thinking. Here, expert and undiscovered voices alike dive into the heart of any topic and bring new ideas to the surface. Learn more

Follow the writers, publications, and topics that matter to you, and you’ll see them on your homepage and in your inbox. Explore

If you have a story to tell, knowledge to share, or a perspective to offer — welcome home. It’s easy and free to post your thinking on any topic. Write on Medium

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store