リファラースパムに騙されないために

スパム効果のアクセス増ほど意味のないデータはない

こんにちは、伊藤です。

「リファラースパムって何?」という方も結構多いと思います。恐らく、Webサイトの管理や分析を行ったことがない方にとっては、無縁の言葉ですので、知らない人の方が多いといっても過言ではないと思います。

というか、普通は知らないハズです(笑)

誤解を恐れずに、簡単に説明すると、
アクセス解析を行っている人を引っ掛けるための、偽アクセスです。

リファラースパムについて、詳しく知りたい方は、当記事の下部にあるリンク先でご確認ください。たぶん、Web知識のない方には、???だと思います。

では、なぜ、そんなマニアック(?)な言葉について取り上げたのか?というと、悪徳業者に騙されないための予備知識として必要だと思ったからです。

どういうことかというと、中小企業や、店舗経営者、個人事業主などの多くはWebサイトを外注して作ってもらっています。

で、発注者側にwebの知識がなくても、勘の良い方がいれば、Googleアナリティクスという、アクセス解析を行えるようにしてもらっているハズです。

ですが、それを自分達でチェックしているのは少数で、大半は、業者にわかりやすくまとめてもらったレポートを有料で提出してもらっています。

じつは、ここに落とし穴があります。

Web制作業者にアクセス解析レポートを提出させる落とし穴とは?

まず、誤解がないように先に言っておきますが、正確なレポートを提出してくれる業者さんはたくさんいます。しかし、一部の業者さんは、発注者側にWeb関連の知識がないことをいいことに、”けしからんコト”をやっています。

例えば、業者側としては
「ウチが作ったサイトは、アクセスが増えますよ!」
と言いたいですし、実際にアクセスが増えれば、発注者側にも満足してもらえます。

ですから、提出するレポートでは、いかにアクセスが増えたのか?がわかりやすいものになれば、都合がいいわけです。

実際にアクセスが増えていれば、まだ、それでいいのですが、今回問題視しているのは、そのアクセスが増えた理由が、リファラースパムであるケースです。

余談というか、本質の話を少ししますが、Webサイトを管理する本来の目的は、アクセス数を管理するためではありません。アクセスの質、つまり、見込み客からのアクセスかどうかをチェックするためのものであり、そのサイトが見込み客の目的を果たす(=購買や問い合わせにつながる)サイトになっているかどうかを検証するためのものです。

そういった知識がない発注者の方は、アクセス数だけを非常に気にします。そして、悪徳業者の方にとっては、その状況が、都合が良かったりします。

というのも、リファラースパムによるアクセスというのは、そのWebサイトに興味がある、見込み客からのアクセスではありませんが、アクセス数だけ見れば、かなりのアクセス増に見えるからです。

アクセス数が5倍も増えた!!(リファラースパムですけど・・。)

例えば、先日紹介した新手のリファラースパムでは、アクセス数が5倍もありました。

この部分のレポートを切り取って見せれば、知識のない発注者側としては、きっと大満足してくれると思います。「おたくにWebサイト制作を任せて正解だったよ!」と・・・。ぜんぜん購買に繋がらないアクセスなんですけどね・・・(^_^;)

ですので、レポートを提出してもらうなら、そのアクセスの流入経路や地域(国)、そして、反応率といった情報も出してもらうようにしましょう。

また、同時に、画面をみながら説明してもらえると、正確な情報を見ながら確認できるのでオススメです。

一番は、自分でもGoogleアナリティクスにログインできて、いろいろチェックできるようになることですけど、そういうのが苦手な人にとっては、その勉強は苦痛でしかないですからね・・・。


以上のことから、
「ホームページを新しくしたら、急にアクセスが増えた!」
という場合、アクセス増に喜ぶ前に、そのアクセスが見込み客からのアクセスなのか?という部分をチェックする癖をつけることをお勧めします。

そうすれば、悪徳業者が出してくる「アクセスが増えました!」という都合の良い数字にだまされなくて済みますし、何より、正確な情報を捉えることができます。

業績アップのためには、何よりも正確な情報が必須です。お客さんの数や売上、頻度、客単価というものだけではなく、Webのアクセス数やアクセス元、成約率などの情報もしっかりと集めるようにしましょう。


Like what you read? Give nobuaki ito a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.