AWS AI Service Seminarに登壇しました!


はじめに

エウレカのサーバーサイドエンジニアの Ryosuke Sugihara です。現在はAPI Teamに所属しています。好きな食べ物は🍣と🍜、趣味はTwitterとサバゲーです。


どういうイベント?

AWSさんの事前トレーニング済み AI サービス(Amazon Rekognition、Amazon Polly、Amazon Personalizeなど)を活用している企業の事例紹介を中心としたイベントで、聴講者は110名程度いらっしゃいました。

登壇の様子(力武)
登壇の様子(杉原)

登壇内容

当日私は、弊社のオンラインデーティングサービス「Pairs」にAmazon Rekognitionを導入した話をriki(Rikitake)と共同登壇しました!


「Pairs」では顔認識機能を採用しています。

主に検索結果に反映させたり、似ているユーザーを表示させたりと様々な用途で使用しています。

顔認識機能を実現するには、

  • 自前で実装する
  • Amazon RekognitionのようなSaasサービスを使う

の2つの選択肢がありました。

それぞれ比較検討(SaasサービスはRekognitionの他にも何個か)した結果、Rekognitionにしました(検討事項はスライドで)。

Amazon Rekognitionを導入して特に良かったことは機械学習やデータサイエンスの専門家の依存がほとんどなくアプリケーションエンジニアだけでプロジェクトを完遂できた点だと言えます!


補足

改善要望のスライドにあるCollectionという単語がでてきていました。Collectionに顔画像を追加しておくと、似ている顔を類似度などの情報とともに取得できる機能です。


おわりに

今回外部での登壇が初めてで100名以上の前で話すのはとても緊張しましたが良い経験になったと思います。

今回のイベントではAWSさんからAmazon Rekognition、Amazon Polly、Amazon Personalizeのデモを交えた発表がありました。その中でも特にAmazon Personalizeは簡単に商品などのレコメンデーションシステムが構築できるということで活用している企業の紹介事例の中でプレビュー版を試してみたというようなものが複数ありました!今後どのようなアップデートがくるのか非常に楽しみな機能です!