人が人を変える

中学生の頃、中田英寿に憧れてnakata.netを読み漁っていた。当時はまだブログなんて言葉は日本ではあまり聞かれなかった。僕の中では中田英寿がブログの先駆者。中田英寿が日本語に織り交ぜながら英語やフランス語を入れてるのがかっこいいと思った。

僕は今でも日本語に横文字を混ぜるのが好きである。


高校生の頃ゴイステのボーカル峯田和伸に憧れていた。下衆い行動や破天荒さがかっこいい思った。ブログも毎日読んでいた。

この頃から僕はlivedoorBlogをはじめた。
マイノリティーがかっこいいと思い始めたのはこの頃から。


社会人になって堀江貴文・家入一真に憧れた。合理的で物事の本質をズバリと言い放つ堀江氏。人生の壁から逃げる事を教えてくれた家入氏。

この頃から深く思考する癖や無駄な事や勝てない事はしない決断をするようになった。


人が人を変える。
誰の影響も受けていない人は存在しない。ネガティブな人に囲まれた人はネガティブになりやすいし、ポジティブな人に囲まれたらポジティブになりやすい。文句ばかり言っているといつの間にかその人から影響を受けていたりしませんか?自分にとって悪い影響はスルーして良い部分をどんどん吸収していきたい。そして出来るだけいい影響を与えられる人でありたい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.