教材のお触り会をしました。

開催に備えてプロペラノイズで集客中の有線給電ドローン

5/13(土)に神山町で開催されたソノリテ会 in 神山というイベントで、ドローン実験室を出展させていただきました。

神山コンプレックスのガラス張り会議室を1室まるまる貸し切ってすべての教材を展示! 時間こそ90分と短い間でしたが、ご参加いただいた方々には一通り教材を体験していただくことが出来たと思います。

一室まるまるドローン教材(あとガチャガチャ)

いつもは小学校で子供向けに開催していましたが、今回は大人ばかり集まるイベントということで教材の体験会です。とはいえ、ドローンに初めて触れるという点では大人も子供も同じです。

プロペラの回転数制御、姿勢制御、操縦体験などから、おさんぽドローン、ドローン輪投げまで、ひととおり楽しんでもらうことができました。

姿勢制御を体験してます。岩丸さんも楽しそう!

この写真で体験してもらっているプロペラ教材や姿勢制御教材は『なぜ安定して飛ぶのか』というドローンの一見不思議な特性について学習することができます。そしてその秘密はWiiリモコンにあったりするわけですね。

ドローンの自律飛行という部分をフィーチャーした『おさんぽドローン』も小学校の授業で人気だっただけあってやっぱり大人がたにも高評価でした。自分の動きに空から追いかけてくるドローンは可愛くもあり不思議な感じもします。

おとなも大興奮のおさんぽドローン

もちろん不思議なだけで終わったりはしません。スマホのカメラを大きなモニターに繋いだ教材を使って、なぜこんな動きをしているのか、原理の部分にまで踏み込んだ謎解きをするまでがドローン実験室です。

姿勢制御、自律飛行ときて、このあとはさらにドローンをプログラミングしてコントロールする『ドローン輪投げ』も遊んでいただきました。ボタンを押すと飛び上がって前進し、もう一度ボタンを押すと着陸する簡単なコントローラーですが、これを子供たちが自分でプログラミングして簡単に作ることが出来ます。

もっと時間があればプログラミングまで体験して欲しいところでしたが、そのあたりは5月18日から始まるプログラミング教材の体験イベントに持って行きます。ぜひぜひ皆さんこちらのイベントもご参加下さい。

こんな感じに今回は大人向けのドローン実験室でしたが、本丸としてはドローンを入り口として科学技術やプログラミングに親しむ人々を増やすことにあります。

世の中こんなに面白いテクノロジーに溢れてるのに知らないままじゃもったいない。ドローン実験室に参加して、みんなで楽しくドローンを飛ばしてみませんか? 開催のお引き合いはいつでもお待ちしています!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Daisuke Motohashi’s story.