mashima
mashima
Jun 24 · 8 min read
©︎ぱくたそ

こんにちは。
FABRIC TOKYOシステム開発部 駆け出しエンジニアの真嶋です。
Webエンジニアになって早くも一ヶ月が経ちました。

前職は造船所で工事担当者として働いており、
Webとは全く無関係な仕事をしておりましたが、
1年近く悩んで悩んで、Webエンジニアへの転職を決意し、
見事、夢だったWebエンジニア生活を始めました。

なぜ1年近く悩んだのか?
Webエンジニアの知り合いもいない私はWeb業界の実態を知るすべもなく、以下のような悩みを抱えていました。

「Webエンジニアに転職したい」と悩む1年前の真嶋 ©︎いらすとや

今回はこれらの疑問ひとつひとつに
Webエンジニアの私、真嶋がお答えします!

もし画面の前のあなたが昔の私と同じように悩んでいるのであれば、
ぜひ最後まで読んでくれると嬉しいです。

Webエンジニアってどんな仕事?

Webシステムの新規開発および改善を行っています。
弊社が運営しているWebシステムは大きく3つ。

  1. お客様にご覧いただくECサイト
  2. お客様対応に使用するための管理ツール
  3. スーツの製作工程を管理するための管理ツール

これらのシステムで新規開発が必要な内容や改善点が「チケット」としてまとめられ、管理されています。
そして、これらのチケットが私たちWebエンジニアに配られ、開発を行なっています。

チケット駆動開発 超簡易イメージ図 ©︎いらすとや

このような開発手法は「チケット駆動開発」と呼ばれ、Web開発企業ではよく取られている手法です。(Wikipedia:チケット駆動開発

チケット駆動開発により、各エンジニアのレベルに合わせて業務分担することが可能となるため、駆け出しエンジニアの私には比較的簡単な案件をまわしていただき、日々の業務をしながら勉強しています。

IT企業ってブラックなんでしょ?

なんとなくITの会社ってブラック企業なイメージがありますよね。
私も母から

「ITの仕事はブラックって聞くけど大丈夫なの・・・?」

と何度も心配されました。
還暦の母ですら、IT=ブラック企業のイメージがあるようです。

でもFABRIC TOKYOはブラックではありません!
ここで弊社自慢を。

  1. 最高の開発環境

MacでもWindowsでもお好きなマシンを準備してくれます。
周辺機器ももちろん用意してくれます。
私は4Kディスプレイを用意してもらいました!
(本当は家にも欲しい。)

2. 優しく優秀な先輩

「IT企業って怒鳴られたりするんでしょ?」
そんなことありません!
FABRIC TOKYOには優しくて優秀な先輩方が揃っています。
質問をして嫌な顔をされたことは一度もありません。
私みたいな駆け出しエンジニアにもわかりやすく丁寧に教えてくれます
(いつもありがとうございます!)

3. 万全のフォロー体制

「初めての業務、全然ついていけない・・・」
「でも困っていること、誰に相談すればいいの?」
初めての職場は誰に何を聞いていいのか、わからないことばかりです。
でも大丈夫。初心者でも置いてきぼりにされないよう、毎日15分程度のMTGをやっています。
ここでメンバー全員が昨日やったこと、今やっていること、困っていることを報告しています。
FABRIC TOKYOでは問題を抱えたまま、一人で悩む必要はありません。
メンバー全員で共有して解決策を考えましょう!

4. 素敵なオフィス

最近オフィス移転しました!
すごくおしゃれなオフィスです。
おしゃれなオフィスで働くと仕事も倍速で進む気がしますね!

5. 服装自由

ビジネスウェアの会社ですが、スーツじゃなくてOKです!らくちん。
お洋服を扱っている会社なのでおしゃれな方がたくさんいますよ!
でも全身ユニクロの私みたいな人もいるので、お洋服にご興味のない方もご安心ください。

6. 事業の透明性

弊社は「事業の透明性」をとても大切にしており、週一回全社員が参加する会議を開催しています。
経営に直接関わっていない私でも、今後の事業方針や社長の考えを直接知ることができるのです。さらに事業の透明性の象徴として会議室は全てガラス張りになっています。
ここまでやるほど、私たちは「事業の透明性」を大切にしています。

7. コードを書ける

何より大切なことです。エンジニアとして入社すると間違いなくコードが書けます。
上記の素敵な環境でひたすらコードを書くことに集中できる・・・エンジニア冥利に尽きます。

Webエンジニア私に向いてるかな?やっていけるかな?

よくネットにある「職業診断」。
天職を探し続け、私は5回以上やってます。
ちなみに私は「画家」とか「音楽家」がオススメされることが多いです。
絵も音楽もできないのに・・・社会人に向いてないのかな・・・

なにはともあれ、天職につけたら幸せですよね。

でも自分の天職ってどうやったら見つかるんでしょうか。
そして私がやっているWebエンジニアは本当に私の天職なのでしょうか。

1年以上職業診断をやり続け悩んだ私が出した結論は
「そんなことやってみないとわからない」ということです。
私自身、一ヶ月経ったいまでも、この仕事が天職かどうかはわかりません。でも少なくとも私は、今の仕事が楽しいと感じています。
自分で一度アプリとか作ってみて、コードを書くのが楽しいと感じるならば、きっとあなたはWebエンジニアに向いています。

どうやったらなれるの?

ここまで読んでくださったあなた。
Webエンジニアになりたくて堪らなくなってきたのではないでしょうか。

ではどうやったらなれるのか?

全くの未経験からWebエンジニアデビューした私は
「何かアプリを作ってみよう!」と決意し、「オンラインのスクール」に通いました。(完全独学じゃなくてすみません・・・)

正直、オンラインのスクールは手取り足取りは教えてくれません・・・
テキストを渡されてわからないところをチャットで聞く、というスタンスです。

それでも、私がスクールをオススメする理由は2つです。

  1. 環境構築に困らない

正直、独学でやっていた頃の一番の難敵は環境構築でした。

プログラミングの本を読んだけどアプリが作れない・・・
本に書いてあるソフトをダウンロードしたけど動かない・・・
解決方法を調べてもよくわからない・・・

これらの障害があるとプログラミングを勉強するやる気があっても途中で挫折してしまいがちです。(経験談)

もちろん環境構築は重要ですが、いますぐWebエンジニアに転職する!ことを目標にしているならば最初のうちはスクールに頼って教えてもらうのが一番早いと思います。

2. 自走力がつく

スクールのテキストだけでは情報不足のため、自分のやりたいことができないことも多々あります。
そんな時は、書籍を読んでみたり、インターネットで情報収集することが重要になります。

それでもわからない時はチャットで相談もできるのですが、自分が困っていることを文字に起こすというのは結構難しいです。
自分がどこまでわかっていて何がわからないのかまで自分自身がしっかりと理解しておく必要があります。
これは現在の業務でも同じです。
この経験は今でも活かされていると感じています。

さらにWeb業界は情報の流れが早いため、自分自身で最新情報を調べる必要があります。
将来スーパーエンジニアになった際も自分自身で情報を収集する能力は必ず役に立つと思います。

最後に

私は本当にWebエンジニアに転職してよかったと思っています。
まだまだできないことばかりで先輩方に頼ってばかりですが、
将来は先輩方のようなスーパーウルトラハイパーミラクルエンジニアを目指して日々勉強中です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
Webエンジニアの魅力、そしてFABRIC TOKYOの魅力を感じていただけましたでしょうか?

FABRIC TOKYOでは、私たちと一緒に成長して事業を盛り上げていく仲間を募集しています!まずはお話だけという方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にご連絡ください!
スーパーエンジニアを目指して私と一緒に成長しましょう!

FABRIC TOKYO TECH Blog

FABRIC TOKYO TECH Blog

Thanks to Takahiro Hatanaka and mona nishihira

mashima

Written by

mashima

FABRIC TOKYO TECH Blog

FABRIC TOKYO TECH Blog

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade