builderscon tokyo 2018 番外編: Rejectcon 2018 を開催しました

こんにちは!!!FiNC Technologies にて、サーバーサイドエンジニアとしてお手伝いさせていただいている、フリーランスRailsおじさんのカルパスです。

去る、2018年9月29日(土)に同社の会場を借りて、builderscon tokyo 2018の非公式番外編となるRejectcon 2018を開催しましたのでレポートします。

本イベントは、builderscon tokyo 2018のCFPで採択されなかったスピーカー様にご登壇いただく非公式イベントで、非公式イベントと言いながらも、豪華なご登壇者はもちろんのこと、builderscon 主宰の Daisuke Makiにもご登壇いただくなど、ゴージャスな内容でした!

イベント自体が11:00〜17:45と長丁場なため、途中コーヒーブレークを設け、エンジニア向け体験入社制度で話題の株式会社SmartHR様に無限コーヒー(HOT/ICE)をご提供いただき、企業向けにマニュアル作成・共有プラットフォームを開発する株式会社スタディスト様にクリスピー・クリーム・ドーナツをご提供いただきました。

なお、本イベントは、今年は災害も多い一年だったということもあり、チャリティイベントとして、『平成30年7月豪雨災害義援金』と『平成30年北海道胆振東部地震災害義援金』への募金を、ご来場の皆さまより集めさせていただきました。集まった金額は、豪雨災害義援金が 32,500 円で、北海道胆振東部地震災害義援金が 25,300 円 でした。こちらの募金については、責任をもって、日本赤十字社まで納めさせていただきます。


さて、本記事では皆さんが見落としたトークもあるかと思いますので、全セッションの写真・資料・ツイートをまとめてみました。それではレッツラゴー🙋

その「s」を付けるために ─ はてなブログHTTPS化の軌跡

デザインシステムを導入してUIに秩序を取り戻す

スポンサーPR: Rails + Vue.jsでUIリニューアルしてみた

新しい技術書出版サービスの作り方

DAO を目指す Ethereum 技術者コミュニティ「Hi-Ether」の挑戦

フロントエンドエンジニアが考えるべき事は沢山ある

スポンサーPR: 入社から二ヶ月経ってわかった SmartHR 開発のつらいところ

Rails+ReactなSPAサイトでのSEO

Wantedly の機械学習プロダクト開発を支える機械学習基盤

スポンサーPR: FiNCにおけるFault Isolationの取り組み

エンジニアが起業し自社サービスを立ち上げるまで、そしてその後

The Five F’ing Questions You Should Answer In Your Proposals


本イベントは休憩時間含めて、7時間40分という長時間なイベントだったにも関わらず、足元の悪いなか、100名ほどの方々にご来場いただき、また募金にもご協力いただき、本当にありがとうございました🙏


なお、今回イベント会場をご提供いただいたFiNC Technologiesでは、300名ほど収容可能なイベント会場を、非営利かつオープンな技術コミュニティであれば、無料で貸し出しているそうなので、もしイベント開催に興味があれば、お気軽に問い合わせてみてください。

また、FiNC Technologiesの事業やエンジニアリングにご興味を持たれた方はWantedlyよりお気軽にお問い合わせください。