レター(Letters)機能のご紹介

Medium では新しいプロダクトを開発しています。書き手と読み手の間に発生する会話や反応を中心に、ストーリーを読んでくれている人とのエンゲージメントが後付けにならないよう、Medium のコアとなる参加型機能です。Medium で書く理由は実に様々です。以前、Medium はネットワークであるとお伝えしました。それは、書き手と読み手という垣根を越えたネットワークの構築です。しかし、私たちはそれでもひとつ、大切なレシピを本日まで入れ忘れていました。それは「継続」です。

そしてこの度、パブリケーションのための新機能を発表できることを大変嬉しく思っています。私たちはそれをレター(Letters)と読んでいます。情報過多時代、エンドレスに情報が流通する今日の世界では、手紙を書く行為は貴重だと考えています。

では、そのレター(Letters)とはなんなのか。

レター(Letter)とは、自身が開設しているパブリケーションのフォロワーと新しく会話を始めるためのコミュニケーション手段です。

レター(Letter)は、パブリケーションをフォローしている人全員の受信ボックスに届けられます。

また、同時に通常の投稿でもあるためレコメンドやハイライトなどのインタラクションが可能です。

フォロワーはフォローしているパブリケーションから届けられるレター(Letters)の購読を受信ボックス上で停止することができます。また、自身のパブリケーション管理画面からも設定することができます。良かれと思ってやったことは多くの場合、too much なのでやりすぎには注意してください☺

もちろん、レター(Letters)を通じて想いや伝えたいことを届けることは容易になりました。また、直接対話を重ねることも可能になります。

結果として、受信トレイ内だけの親密な関係を築くことができます。


エディター(書き手)として、開設しているパブリケーションページに遷移すると新しく “Letters” というドロップダウンメニューが確認できます。レター(Letters)を届ける際に、フォロワーの受信トレイにはもちろん、通常の投稿としてパブリケーション内に表示されるため、Medium のサイトや iOS アプリからでも確認することができます。


レター(Letters)は従来のブロガーが活用していた RSS 購読と同等の、あるいはそれ以上のポテンシャルが備わっていると考えています。レター(Letters)の解禁によって、パブリケーションはこれまで以上にアイディアや想い、そしてストーリーを届ける・受け取ることができる空間になります。ぜひお試しいただき、感想などを yourfriends@medium.com までお気軽にお寄せください。