2017年の買いたいものリストをあげてみる

リストというかそのなかのアイテムの一つなのですが、劇的なインパクトとしてはないんだけど実はあったらうれしいみたいなものをこれからあげていきたいなと。

しらなきゃしらないで問題ないんだけど、そのモノ使ったり方法を選んだりすることによって日々の生活がかなり快適になるというもの。

たとえば以前にも便利さをお伝えしたことがあるドライサック。

こんなの洗濯もんなんだから普通のビニール袋を使えばいいものをドライサックを準備するだけでなぜかトレーニングすることがかなり快適になりました。

なので日々の生活の中でちょっとした部分が改善していくこと。それが100個あったら劇的な違いになるはず。

このちょっとしたことのアップデートやアップグレードで快適になる。そんなことを追求していきたいなと思っています。

ちょっとしたアップグレードではないのですが、思いきったアップグレードというのか

たとえば通常の電話や古い機種からでも、iPhoneに機種交換した時点で劇的な違いを感じられると思います。

手のひらの向こうには、無限の自由や可能性を感じられる。そんな気分にさせられます。

前機種MacBook Proから、MacBook ProMacBook Pro(2016)に変更した時でさえ、ビデオ編集や資料作成、携帯性などの持ち運びなども含めて劇的な違いを感じ素晴らしいアップグレードだと自分の中で感じました。

このような機会に巡り会えるというのはなかなかありませんね。

そして前回シンガポール滞在の時に堅く購入を決めたものがありました。

これか!

確かにコストはかかる。簡単にそしてちょっとしたアップグレードではないですね。何よりもマーケットプライス、ドライヤーにしては異例な値段であります。

いや待てよ、4年と600機の試作品を要したドライヤー、いや7100万ドルを使って開発したドライヤーにしては安くないかと。

しかも娘2人と妻の3人の合計時間のこの積み重ねが3年後、いや1年後でさえかなり変わるのではないかというこの高まる気持ち。(ちなみに僕はまったくドライヤーを使いません。)

すでに見た目とうんちくだけで決めていた感もありましたが、シンガポールの高島屋にあるBest Denkiに向かい実際に手にとってみると決定的に気持ちが固まりました。

しかしここで問題が。シンガポールのプラグは 3つ口 Bfタイプとかさばるというか他国で使用する場合はかならずといっていいほど変換プラグが必要になるので、出来るだけ通常のプラグ、タイで使う機会が多いのでせめてタイの形状プラグで購入したくタイで購入することに決定し焦る自分をキャンプで養った自制心で抑えます。

昨日、EmporiumのPower Buyに向かうとなんとまだタイはダイソンのスーパーソニックが入荷していない。上記タイDysonウェブサイト。

シンガポールで買うか、タイで買うかをどうするかを考え中です。正しい選択をすること。これもキャンプで習ったなぁ。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Hideki Kaneko’s story.