想定外のNew Apple Watchに泣いた俺

今年の6月にAppleWatchを買いました。

多分きっと、2016年には新しいApple Watchは出ないだろう。ていうかまぁ、仮に新しいのが出たとしても、そんなに大して古いやつと違いはしないだろう、と予測してました。

そしたらあれです。なんか新しいApple WatchはFelica対応して、腕でピッてできるみたいじゃないですか。

しかも、iPhone7を買わなくても、iPhone5以上のモデルであればFelica対応するみたいじゃないですか。

まぁ別に、iPhone7にFelicaがついて、それをを買う予定なので、わざわざWatchでピッてできなくてもいいんですが、単純に「Apple製品でFelica使う」ってこと考えたら、AppleWatchを買ってしまった方が安い、ってのも事実なんですよねぇ。

とは言え、多分きっと左手につけたApple Watchで電車の改札を通るのは厄介そうだし、でも右手にAppleWatchをつける気にもならないので、きっと別に新しいWatchがなくても困らないはずだ、と言い聞かせてぼくは古いWatchで我慢しようと思います。

ちなみに、Apple Watchという製品自体は想定以上に満足をしておりまして(いろいろあってSportからノーマルに乗り換えた)、そもそも時計をする習慣がなかった自分が、3ヶ月で「無いと違和感を感じる」くらいには便利なものになってます。

ただ通知が届くだけなんだけど、これだけなのにそれが結構便利なんですよねぇ。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 五藤隆介@goryugo’s story.