イエスマンではないけど、テンションあげつつコントロールが上手いCOOニーズある

結局起業家は一番未来を考えて直感でものをいう生き物であることが多いというか自分がそうなので、相性いい人はどんな人かというとここになる。

これは自分以外でも当てはまる起業家がいるのでけっこうニーズある性格だと思う。

“COO的なスキル”を持っている人はいる。だけど、“COOに向いている性格”はフォーカスされないことが多い。

ちょっと前は「ノリがいい人」という言葉でくくってたけど、言語化すると未来や思いつきのアイディアに一緒にワクワクしつつ、別の脳でぐるぐるCEOにない計算を回してくれるような人って感じか。

これが後者だけだと否定から入りがち。

ちなみに自分がそういう感じで立ち上げに入ると前者は得意だけど後者は雑魚なのでできない。真逆。でもわりと好かれて並走できる時に「ノリがよくて、一緒にやっててテンションあがるから」なんだろうな(後者の役割がデザインだったりはしてるけど)。

たぶんこの記事に書いてあることの裏面って感じ。

自分の得意分野っていうか役割・自信や存在を証明しようという意識がみんな無意識にあるから、COOならそのポジションとして現実的なところをまず口走りがち。人は常に自分に与えられた役割を演じるってやつね。

他の職種でも、少数の組織にいると、何か意見がでると反対の意見をいってしまうことはよくある。バランスとるような発言をしてしまうケースはよくみる。

専門性は大事だし役割としてはそれに基づいたをいうべきだけど、まず相手のやりたい行動だけを拾って批判的になるのではなく、意図を汲み取って肯定するのが潤滑油になる。何より一緒にやってて楽しい。

これができるCOOやその他職種、VCとかって大人だし、起業家をモチベートしながらコントロールできるはずなので超いいなぁ。(こういう記事を求める立場の人間が書くとわがままな子供感出るな)

Like what you read? Give 富樫 重太 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.