第5回「meets so good!!」

「針金アートに挑戦」

今日はメンバーの一人の案、針金アートを作ってみる会を開催しました。

自分も含めて、参加者の9割がしたことがなく、この会の良さを実感できました。コンセプトの一つ「未知との遭遇」にぴったりの内容でした。

もう一つよかったこと。

新メンバーが増えました。とても気さくで、チャレンジ精神の強い方だなと感じました、まだよく解らないこの会に参加しようと思うだけでもすごいなと感じます。本当に嬉しかったです。

同時にこの会の魅力はあるんだなと実感できました。外の世界にしか評価は存在せず、内からでは判りにくい部分です。誘ってみようと思ってくれたメンバーにも感謝です。どんどんみんなで盛り上げたくなる、コミュニティをこれからも継続して続けたいと思います。

人が増えれば「知識、経験」も増える。

今回の「針金アート」もそうですが、メンバーが主催となり会を開くスタイルも採用しています。

もの作りが得意なメンバーだからこその内容と思います。私自身も一生体験することでは無かった事ですし、作ろうともしなかった今回のテーマ。

「あーうまくいかない。」「難しいー」「ちょっと一服してきます。」

みんな苦戦しながら、取り組みます。

ですが、誰一人として「こんなのしたくない。」「出来ない。」など発することなく取り組み、完璧とは言えないかもしれませんが、自分なりの完成まで夢中で取り組んでいました。

未知の事に取り組む事で、その世界に触れる事で、苦労や大事さを実感でき、物を大切に出来たり、軽視しない事も増えるんじゃないかなと思います。

大切にする、大事にするが増えていく。

h.c.p presents 「meets so good!!」

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.