現時点でのシャーペン最終進化形態「orenznero」をゲット!

現時点でのシャーペン最終進化形態「orenznero」をゲット!

先日、念願叶ってぺんてるの「orenznero」をゲットしました。

噂に違わぬ素晴らしい製品でしたので、シェアさせて頂きます。

人気すぎて手に入らない「orenznero」

最初は以下のムービーを見て「何コレ、すげー欲しい」的なノリで購入を決めたのですが、

3000円という高額な商品であるにも関わらず、人気すぎて全然売っていない。

ORENZシリーズでも、メタルとかは普通に売っていて、他社でも同じコンセプトのDelGuardやOLEeNUもあって折れにくいシャーペンは有るんですが、Orenzneroは発売から半年ぐらい経っても在庫不足が続いている状況です。(Amazon上で転売屋が倍ぐらいの値段で売ってて腹立たしい)

1ヶ月ぐらい探し回って、横浜のLoftで遂に発見。ドキドキしながらレジにならんだのはいつぶりかと。

折れない×自動芯出し機構=ずっと書き続けられる

orenzneroの何が凄いかというと、芯の減り具合に併せてパイプがスライドして芯を守る「オレンズシステム」と、紙からペン先を話す度に芯が繰り出される「自動芯出し機構」の組み合わせ。

パイプと芯が出てない状態で、一度ノックをすると

こんな感じでパイプと芯が出てきます。

ノック無しでどこまでも書き続けられます。

常にちょびっとだけパイプの先から芯が出ている状態がキープされるので、芯が折れる気配もない(折ろうと思えば折れなくは無いけど、orenz自身がぶっ壊れそう)

高級感のある12角形特殊素材ボディが格好良すぎ

金属粉と樹脂を混ぜ合わせたという特殊素材のボディは、重すぎず、軽すぎずの絶妙なバランス感。重心は丁度親指と人差し指のわっかができるあたりに来ています。

12角形のボディ形状と、持ち手の滑り止め加工が生み出すグリップ感は本当に素晴らしい。

シャーペンですので、上のキャップを取れば消しゴムも出てきますし、

消しゴムを外せばシャー芯の補充スペースがあります。

0.3mmだと、ちょっとカリカリしそうなので、滑らかな書き心地を優先して、シャー芯は「ネオックス・グラファイト 0.3mm」のHBをチョイス。

ただ、0.3mmは筆圧を書けないと想った以上に薄くなってしまうため、orenznero推奨の”ギガ強芯”「Ain STEIN 0.3mm」のBも試してみることに。

高純度の黒鉛を売りにするネオックス・グラファイトシリーズと、強化シリカを配合したAin STEINシリーズの両方を書き比べて、Orenzneroで使用するレギュラー芯を確定したいと思います。

最後に

いまだネット上では手に入りづらい状況が続いている「orenznero」ですが、3000円の価値ある素晴らしいシャープペンシルであると思います。シャーペンの最終進化形態と言っても過言ではありません。

  • 金属×樹脂の特殊素材による絶妙な重さ
  • 考え尽くされた12角形の形状、重心
  • 芯が出続ける「自動芯出し機構」
  • 芯が折れない「オレンズシステム」

これらのスペックにピンと来たら「orenznero」をオススメします。

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm PP3003-A

posted with カエレバ

ぺんてる

Amazon

楽天市場

シャープ替芯 ネオックスグラファイト(neox GRAPHITE)【0.3mm/HB】 HRF3G2

posted with カエレバ

パイロットコーポレーション

Amazon

楽天市場

ぺんてる シャープペン替芯 シュタイン芯 0.3mm B 3個+1個おまけ付き XC273B-3AMZ

posted with カエレバ

ぺんてる

Amazon

楽天市場


Show your support

Clapping shows how much you appreciated 北真也(beck)’s story.