手書きってなんだ?

手書き雑誌創刊号 目次

手書き雑誌を作ろう。創刊号は「手書きってなんだ?」です。

なぜ今の時代に手書きなのか。そもそも手書きとは何なのか。その問いを個人的見地から考えていきます。

一応2016年11月号としていますが、12月にずれ込むことは必至です。

1.筆者の存在

2.伝統を引き継ぐ

3.文字の表情を読む

4.文章修行の場

5.言葉の創造

6.手作りの作品

7.原点

編集後記

編集前記(完成前なので)

こちらはMediumのパブリケーションという空間で作っています。雑誌的なもの、と言いながら単に投稿しただけでは記事の羅列にしかなりませんので、この記事で「一冊」の概念を持たせています。つまり、この記事は目次。

これが見やすく便利な形なのかわかりません。ご助言等もおまちしております。

こんな活動ですが、ご協力、ご投稿いただけましたらこの記事に追加していこうと思います。ご協力表明いただいた方もご遠慮なく。複数人のご参加があったときはどうまとめたらいいかなあ。

タグは、「日本語」「Japan」「手書き」「Handwriting」「201611」です。和英併記ですが、英語はいらないのかなあとか検討中。

MediumのTLで見ると記事が断続的に流れてきて一貫性がないかもしれませんが、あくまで「パブリケーション上で見ていただく」を前提としていますのでご了承ください。この辺り、個人をフォローしたときのMediumのTLのあり方とどう共存すべきか、考えどころです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.