株式会社HARESについて

西村創一朗
Mar 18, 2016 · 4 min read

HARESについて聞かれることが多いので、まとめてみました。

会社概要的な

社名:株式会社HARES(ヘアーズ)

代表:代表取締役社長 西村創一朗

設立:2015年6月30日

HARESのビジョン

「二兎を追って二兎を得れるよのなかをつくる」

仕事と育児。本業と副業。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」的な二者択一の世界より、

「二兎を追って二兎を得る」的な二毛作な世界の方が、ずっとワクワクする

株式会社HARESは「あきらめることをあきらめる」ことを良しとする世の中を目指します。

HARESのミッション

1.副業禁止規定をなくす(本業・複業の二兎)

2.男性の育休取得率の向上(仕事と子育ての二兎)

3.ヘアーズワーク(時間と場所に縛られない二兎を追える働き方)の創出(仕事と家庭の二兎)

やっていること

今のところは代理事業が多いです。

1.メディア・イベント・オンラインサロンの企画・コンサル

2.記事やブランドコンテンツの編集・制作

3.インフルエンサーに特化した広告代理事業

4.コミュニティドリブンマーケティングの企画・コンサル・代行

5.社外

やろうとしていること

今後は自社サービスにもガンガンチャレンジしていきます。

1.LIGHTERSプロジェクト

…「ストーリーを紡ぎ、人の心とビジネスを動かす」人、すなわちライター(not writer ,but LIGHTER)をふやすプロジェクトです。

詳細はComing Soon。

2.保育版Uber

ベビーシッターでもなく、保育園の空き施設とのマッチングでもない、60万人超存在する潜在保育士や、素晴らしい行政サービスではあるものの認知度の向上が課題のファミサポとをつなぎ、急な一時保育ニーズにタイムリーに答えるマッチングアプリです。

##リクルートとサイバーエージェントの共同新規事業立案コンテストFUSIONに出しましたが落選したので自前でやろうかと。開発パートナー募集中です。

3.Tech::MOM(ママ向けプログラミング教育事業)

HARESの3つ目のミッション、ヘアーズワーク(時間と場所に縛られない二兎を追える働き方)の創出(仕事と家庭の二兎)の実現がゴール。

三大ヘアーズワーク(エンジニア、デザイナー、エディター・ライター)の中でも最もコアで難易度が高いのがエンジニア。

「在宅ワークでも稼げるママさんエンジニア」をふやすことで、ミッション3を実現する。

4.副業OKな会社に特化した会社紹介サイトHARES WORKS

5.U-29.com

29歳以下の世代をU-29(ユニーク)世代と呼び、この世代ならではの独自の(ユニークな)価値観に基づき、様々な分野について発信していきます。

取り急ぎドメインだけ取りました。笑

人材募集中!

これらのやってること、やりたいことに興味を持ってくれる方を大募集中です。

年齢性別一切不問です。

とりわけ、以下のスキルを持った人大歓迎です。

  • ロゴデザイン・Webデザイン
  • 動画の撮影・編集
  • ライブ動画の収録、配信
  • インタビュー・取材
  • ライティング・編集
  • イベント・コミュニティ運営
  • 営業・アライアンス

などなど。これ以外にも「こんなおもろいスキルあるよ!」という方はぜひ。

法人と個人の関係はアライアンスで。

雇用に関するぼくの基本スタンスは「アライアンス」です。

あくまで対等かつフラットな関係性でありたいので、雇用は一切しません。

すべてアライアンス=業務委託契約にて、提供頂いたバリューに対して、対価として報酬をお支払いする形です。

なんせ、ぼく自身がサラリーマンなのでフルコミットできない中で、雇用して縛るのは嫌だなぁと。

仕事の依頼・アライアンス依頼はこちらから!

こんな奇妙な会社、株式会社HARESと一緒にお仕事してくださるという方はこちらからご連絡ください!

LINE@で友達追加して更新情報を受け取ろう!

HARES MAGAZINE

”If you run after two hares you will catch both.”そう、二兎を追って二兎を得られる世の中の方が、きっと良い。Work Life Balance,Slash Career,and so on.

西村創一朗

Written by

HRマーケター/複業研究家。30歳@三児の父。2015年6月、リクルートキャリア在籍中に「二兎を追って二兎を得られる世の中をつくる」というビジョンを掲げ、株式会社HARESを設立し、代表取締役社長を務める。NPO法人ファザーリングジャパン理事

HARES MAGAZINE

”If you run after two hares you will catch both.”そう、二兎を追って二兎を得られる世の中の方が、きっと良い。Work Life Balance,Slash Career,and so on.

More From Medium

Also tagged Business

Also tagged About Us

Top on Medium

Ed Yong
Mar 25 · 22 min read

9.5K

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade