~とは?と問われたときに

授業でよく「~とは何ですか?」って聞かれることがよくありますが、わたしは正直に言って知識として”知ってるつもり”の部類が多いのでそう言った質問に正確に答えるのが難しいです。言い換えれば知識がまだまだ浅いというのか。むむむ。

昨日2008年の金融危機についての授業があったのですが、出来事としてあったことは常識として知ってるんですが、それがはたして一体何なんですか?って言われると結構正確に頭の中で組み立てるのが正直無理でした。英語でやらなければならないのことも原因の一つです。

学生としてこういった”知ったか”や “知ってるつもり”を放置してるとあとあと自分の勉強で大変なことになっていきます。金融危機のバックグラウンドをみんな知ってるつもりで教授が話を進めていくとその後の話に追いついていくのが困難になります。

昨日の授業でそれをよくよく痛感してちょっと更に努力していかないとなと思った次第です。自分の分野の最低限のことぐらい人に更々と簡潔に説明できるぐらいにはならないとなぁと。

授業ノートとは別にまとめ解説ノートを作ろうかなぁ。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Tak’s story.