結構いい加減なものですね。

ひとと会話をしている時に、
「ああっ、言ったことが、ちがう解釈されている」
て思うことないですか?
じぶん、ものすごく、多いです。
大丈夫なのか、じぶんの伝え方は?
って不安になるくらいです。

付き合いの長いひと、はじめましてのひと、変わらずです。
安定的に、違う解釈されています。

でも、ぼくはその場で、
「あ、そういう意味じゃなくて…」
なんてことは、言いません。
意地が悪いかもしれないんだけど、
そのまま会話を続けています。
だって、その方が会話があらぬ方向に行くから
発見があったり、なにか思わぬ話になったりで、
その感じがいいなぁと思うので、そのままにしています。

じぶんは、ひと前で話す機会や、
話した内容が何かに取り上げられたりすることがあるけど、
そういう時も、聞き手のひとが、「聞き間違ってくれる」と、
その方が、じつは面白くその時間を過ごしています。
まったく同じように話しているのに、聞き手によって
受け止め方って違うもんだよね。

会話の途中で、間違えているな、って自覚があるからまだ楽しめるけど、
それよりも、そんなことにさえ気づかないで、
間違ったままの認識で、会話が続いていることの方が、
多いんでしょうね。そんなこと、考えるとつい笑顔になってしまいます。
それでも、ひとと喧嘩せずに、それなりにうまくやっていけているのは、
人間って、いい加減なもんです。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Hirai Satoshi’s story.