里山のやさしいお米

ルミネの環境推進プロジェクト「choroko」の一環で、埼玉県小川町でルミネ社員が田植えから草刈り、収穫をした「里山のやさしいお米」のパッケージシールデザインを担当しました。

田んぼのある小川町下里地区では2009年から全ての販売農家が農薬と化学肥料を使用せず米作りを行っているそうです。もちろんこの「里山のやさしいお米」も無農薬・無化学肥料栽培となっています。

今後行われるルミネの環境イベントでほとんど配布されてしまうようですが、一部は新宿のココルミネストアで販売されています。柴田ケイコさんの可愛いイラストが目印なのでぜひチェックしてみてください!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.