月刊ジュニアエラで共謀罪法の裏の目的を知っておこう

1からわかるニュースマガジン
 月刊ジュニアエラ8月号

月刊ジュニアエラ8月号
 親子で読める!受験勉強にもお役立ち!!

特集 世界は月を目指している! 月探査最前線

50年後の月はこうなっている

月面基地本部ができる。月では地球よりも多くの放射線が降りそそいでいるので、月の砂を焼き固めて壁にして巨大な縦穴の中なら放射線を防げると期待できる。

酸素工場や農場ドームや水採掘基地を作って月の資源を有効利用することが必要だ。月で生活できるようになれば、地球での生活に必要な職業は月でも必要になる。キミがどんな職業を選んでも月で暮らすことは夢じゃない。

→本当に人が月に住むようになるのでしょうか? 生きているうちに見届けられば面白いのですが。

共謀罪法で日本はどう変わる?

政府は共謀罪法は国際組織犯罪防止条約(TOC条約)締結のために必要で、東京オリンピックのためにも不可欠と説明した。そして与党だけは共謀罪法と呼ばずに「テロ等準備罪」法案と呼んでいる。

だがTOC条約はマフィア対策で、テロには関係ない。「テロ等準備罪」法案と、わざと誤解を生む呼び方をするのは不適切だ。
 またオリンピックに不可欠なら、東京が開催地に決まるはずがない。政府の説明は合理的ではない。

共謀罪法の本当の目的は、政府を批判しにくくすることではないだろうか。たとえば海の埋め立てに反対して座り込むことは、民主的には許されることだが、座り込みに行こうかと話し合うだけで共謀罪になってしまう。
 「共謀罪」法は、民主主義の土台を切り崩す性質を備えている

→朝日新聞らしく、政府を痛烈に批判した切り口の内容になっています。今の政府なら批判されて当然ですけどね。

のぞき見探偵が行く‼ 変なホテル

「変なホテル」舞浜東京ベイに潜入。

ロビーにはジャングルが。そしていきなり恐竜が出る。
 フロントにも恐竜、ロボット! 動くししゃべるぞ。
 客室は普通のホテル。と思いきやまたロボット!
 このホテルでは7人の従業員と140台のロボットが働いている。変なホテルはおかしなホテルではなく、変化し続ける最先端ホテルでした。

→7人の従業員で成り立っているのはすごいですね。そのうちに人間の仕事のほとんどはロボットに取られてしまいそうです。

そのほかにもこんな記事が

  • 将棋藤井四段最強伝説の始まり!
  • いじめられたらどうすればいい?
  • 旭日旗にはどんな意味があるの?
  • 国内最古の全身骨格を発見!
  • 歴史人物ケンミンバトル 黒田官兵衛vs土方歳三
  • スポーツのウンチク 相撲

時事ニュースや子ども向けの情報がいろいろ載っています。

「月刊ジュニアエラ」とは?

毎月紹介している「月刊ジュニアエラ」は、「1からわかるニュースマガジン」です。朝日新聞社が出版している雑誌「Aera」の子ども向け版です。

子ども向けとは言っても、取り上げられる項目は大人の新聞に書かれるニュースと同じレベルです。朝日新聞社の本なので、朝日新聞の社説に則った意見を表明しています。

読んでみるといつも私も知らなかった内容も多く、私にとっても勉強になっています。しかも子ども向けに書かれているので優しく読めて理解できます。入試の時事問題もこれを読んでおけば答えられそうです。新聞を読むのは難しいしめんどくさい、と思っている高校生や大人にとってもいい雑誌だと思います。
 ですので、このブログでも記事の紹介を毎月ネタにさせてもらっています。

また、ニュース以外にも、お仕事の紹介、海外の子どもの生活、科学記事、スポーツのうんちく、本の紹介、アイドルのインタビュー、時事問題のテスト、なども載っています。

子どもも大人も勉強になります。1冊500円なので月に500円くらいなら買っておいて損はないと思っています。朝日新聞を取っている人は新聞と一緒に配達してもらえます。

「月刊ジュニアエラ8月号」

※今日も読んでいただいてありがとうございます。今日は毎月恒例のジュニアエラの紹介でした。

※先日発売しました電子書籍「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着ける3つの方法」は現在セール中です。99円になっていますので、ぜひ読んでみてください。
 あと、Amazonのサイトにレビューを書いてくれる人を大募集中です。なにとぞ、よろしくお願いします。m(_ _)m


「週末パパ講座で自分で考える力を身に着けさせる3つの方法」
 KindleUnlimited対象の電子書籍です。

「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
 KindleUnlimited対象の電子書籍です。

忙しいSEも『育児ナシ』を卒業
 KindlwUnlimited対象の電子書籍です。