iOS 10でシャッター音を消す方法が流行ってるけど

先日リリースされたiOS10でシャッター音を消す方法が各種ブログで記事になってますね。

iPhone7シリーズではステレオ化によってスピーカーが増えたためシャッター音が大きくなってしまった上、指で塞ぐという技も難しくなってしまったので重宝されるのでしょう。

シャッター音って必要か?

シャッター音というのは携帯電話で撮影した際のUIとして生まれたもので、それはそれで意味のあるものだと思っています。

呼び出し音が迷惑になるシーンのために、いかにも日本的なマナーモードという音を出さないモードがあり、これもこれで趣があるものだと思います。

ではマナーモードでのシャッター音をどうするかというと、盗撮に使われるかもしれないという、これまた日本的な配慮によってシャッター音はいかなるときも大音量で再生するという業界ルールができています。

少々理解が違うところがあるかもしれませんが、そんなに間違った理解でもないでしょう。

ところが今では超小型のカメラが簡単かつ安価に入手できる時代になってしまいました。盗撮目的であればケータイやスマホに頼る必要は全くありません。

僅かでも抑止力になっていることは否定しませんが、そんなに強力に推し進める必要があるものだとは思えません。

一言で言えば、「もうこのルールは要らないよね」です。

シャッター音の消し方ですけど

どのブログでもAssistiveTouchの最上位メニューを消音だけにするって書かれてますね。

どなたが発見したかはわかりませんが、よく見つけたものです。iPhoneの機能をひとつひとつ確認されているのでしょうか。驚きです。

試してみましたが、確かにシャッター音が消えました。挙動からすればバグのようですね。

3D Touchのアクションを消音にしてもシャッター音が消えますので、AssistiveTouchのメニューを活用しているのであれば、こちらが便利かも。操作手順も減りますし。

バグ修正するのかな

動作としては明らかにバグと言っていいでしょう。なので修正点としてアップルには上げられているのだと思います。

でもですね、どうせ修正するならシャッター音をきちんと消音できるように修正してほしいものです。

今やほとんどの人がカメラ付きケータイやスマホを持っている時代。そして何気ない日常で写真を撮る事が多い時代でもあります。

その度にカシャカシャ音がするのは正直いって五月蝿い以外の何ものでもありません。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.