休日にパンを作る男

先日、他にすることが野球観戦、読書、筋トレ、親孝行、街の清掃ぐらいしかなかったので、家でパンを作ってみた。ちなみに私はパンよりご飯派である。

強力粉にイースト菌を混ぜ、牛乳、卵、バター、愛情、ミルク、薄力粉、マーガリン、卵黄などを加えて、こねにこねる。途中、バターを溶かしすぎて手がベタベタになったが、運がいいことにベタベタになったのは手だけで済んだ。不器用な私は一歩間違えれば全身がベタベタになっていただろう。ベタなボケである。

みなさん、想像してみてください。三十代独身のパン職人でもない男が一心不乱にパン生地をこねている姿を。本格的な一人コントだ。

それにしてもイースト菌の力によってパンが何倍にも膨らんでいくのには驚いた。他人とのトークもこれぐらい膨らませていきたいものだ。風船ガムにもイースト菌は使われているのだろうか?

そうこうしているうちに何とかパンは完成した。あまりパンは食べないので気が進まなかったが、せっかくなので一応食べてみた。そして思った。

やはりパンは市販のものに限るなと。