百科事典は高すぎる

最近、ちょっと気になる百科事典がある。気になるといっても明日の天気ほどではない。

百科事典はまだ買ったことがないので相場は詳しくないのだが、お値段はなんと1万5000円。これではさすがに手が出せない。手は出ないが溜め息は出る。たまに鼻水と。

一応ダメもとで図書館に行ってみた。そしたらなんとその百科事典があった。思わず絶叫しそうになったが、絶叫は説教の元なので自重した。(そろそろRead more…だろうか)

よくぞその百科事典を図書館が買ってくれた。その英断に賛辞を送りたい。やはり市民の税金はきちんと正しく使われているようだ。

そう思ったのもつかの間、その百科事典は館内閲覧用で借りることはできなかった。円がないと買えないし、縁がないと借りられない。実にもどかしい。