「Who am I?」を問うこと。それは自分が歩んできた人生のプロセスをちゃんと確かめて、しっかり深く、「だから今ここにいる」とぎゅっと握りしめること。

SIIS2014参加のAkiraです。

まず最初に。先日開催された「reLEAP@CRAZY」、参加できなくて本当に残念でした。。

写真は勝手に借りました笑(自分は映ってないですが良い写真!)

こうやって自分が前いた会社とiLEAPが繋がったということが何より凄く嬉しいし、SIIS2014に参加していた当時から「これから入る会社が凄くiLEAPに似てる!!」と語っていた自分を思い出しました。

またCRAZYに行きたい!けっこう本気で話を聞いてみたい!という人は一緒にCRAZY CAFE BLANKっていうカフェラテが超絶に美味しいカフェに一緒に行きましょう!

と、ここまでは単に自分が行けなくて悔やんだという話で、、

ーーーー

ここからが、今回の本題、自分がここ5年ぐらいずっと考えて実行して、やっと自分の言葉で明確に伝えられるようになった僕なりの「Who am I?」について考える意味と、iLEAPコミュニティ皆で忘れたくないなって思っていることについてです。

「Who am I?」をちゃんと考えることが、自分の人生を彩りある素晴らしいものにしてくれる

と、 最近つくづく思いました。

何故かというと、最近僕自身が自分のWho am I?を考えたことでまた一つ目指したい場所に行けたからです。

Who am I?を考える前、毎日の忙しさに忙殺されてしまっていたり、自分の好きなはずのコーヒーを飲んでも何か味気なく感じたり、「何かが足りていない感覚」しかなかった時がありました。この時期は本当に辛かったです。何かを変えないといけないことはわかる。でも、何を変えたら良いかはわからない。ただただもがく、そんな日々。

でも、ふとしたきっかけでWho am I?

・何で、今の仕事をしてるんだっけ?

・何で、今この人と一緒にいるんだっけ?

・何で、今この場所にいるんだっけ?

をとことん考えてみたら、「何かが足りてない感覚」から、「自分が今ここにいる意味や目的」を思い出し、思い出した瞬間から、世界が変わりました。

実際は、今の仕事も関わっている人も住んでいる場所も変わってはいません。でも、全てに対して、その瞬間から世界の見える色が劇的に変わるんです。今までモノクロだった世界が一気に華やかになる。

その理由は自分の内側が変わったから。

そして、その内側を変える鍵となる問いこそが、「Who am I?」だと僕はずっと思い続けて信じています。

何故鍵かというと、今の情報化社会はあまりに”結果”だけを重視する社会すぎるから。

仕事の成果や給料であったり、

その人の肩書や役職であったり、

その人の外見や所属であったり、

今ある社会の仕組みや会社のブランドであったり。

その方がわかりやすくて、情報化できて持ち運べて、スピードが上がるから。ビジネスには向いているから、今は結果主義が強い。

でも、もっと大事で、その人自身が本当の意味で幸せになったりやりがいを感じたりできるのは、そこに至るまでの個々人の経験や体験や感情というなかなわかりづらい中身、つまりプロセス。

そのプロセスにこそ、無限の多様性があるし、個人の色合いが出て最高に面白いと、僕は思っています。だから僕は個人的な”その人”が感じられる会話が凄く凄く好きです。

ーーー

かなり想いのまま書きなぐってしまいましたが、僕が今やっと自分の言葉で伝えられるようになったWho am I?は、

自分が歩んできた人生のプロセスをちゃんと確かめて、しっかり深く、「だから今ここにいる」とぎゅっと握りしめること。

それによって、自分自身が自分に自信を持てたり、世界の色合いが一気に色鮮やかになったり、充実感を持てるようになるもの

なのかなと、ずっと考えてきて最近しっくりきたからこそ思います。

皆さんの考える、「Who am I?」の意味はどんなものですか?

Who am Iはいつまでも考え続けて、常にアップデートされていくものだと思うので、iLEAPコミュニティではずっと考えて個々人が日々忘れずに大切にしていきたいですね。

↓↓↓↓↓↓↓P.Sおまけ↓↓↓↓↓↓↓

以下、スーパーなおやとメッセージした時のとっさのひらめきです。

最近寒くなってきてもう冬だーー
Facebook写真もそろそろ秋冬仕様にしないとなぁ。

…ということで、今度ふらっと東京に行った際に

「秋冬の写真撮影会」

という名のただ行きたいところに行って、美味しいものを食べて語って、写真を撮りまくる(撮られまくる)会を開きます。

個人的にはお台場が好きすぎるのでお台場が良いかな!あとは鎌倉も。良い感じに撮れるスポットも沢山あります。

カメラマンは僕がやります!もちろん仲間も大募集!

多分、こんな写真が撮れます。

持ち物はとびっきりテンションが上がるお気に入りの服を着てくること。

実は、カナダ留学時代に個人的にStreet Snapブログを作っていたことがあります。

これが凄い楽しかったので、今回も絶対楽しい気がしてます。なのでこれはまたいつかの裏企画として企画します!

Akira

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.