地方企業のストーリーテリングと地域の情報発信、そしてライターの仕事

福岡で地方×ライター×ストーリーテリングなイベントに登壇します

企業・団体の想いを届けるストーリーテリングサービス「PR Table」が主催するイベントにゲストとして登壇することになりました。開催地は、福岡・HOOD天神です。

今回、ゲストとして呼んでくださったPR Tableの菅原さんには、昨年ストーリーテリングをテーマにした「sentence」のイベントに登壇していただきました。

菅原さんは2月から1ヶ月ほど福岡に滞在してPR Tableを広めていくそうです。口火を切るようなイベントのゲストとしてしゃべることができて光栄です。責任重大ですね。

地方からの情報発信と地域企業の広報活動

昨年から地域のイベントに呼んでいただくことが増えています。各地域で、情報発信や編集、ライティングについて話をしています。

「マチノコト」の立ち上げから関わり、IDENTITYを創業して名古屋のローカルメディアを運営して、これまでにもいくつかの切り口から地域と情報発信に関わってきました。地域×情報発信は、これからさらに注目を集めていくテーマです。

その土地の企業が元気であることは、地域が元気であることと関係します。PR Tableが取り組もうとしているように、地域の企業がストーリーテリングや採用ブランディングを行うことで元気になるように働きかけていくというのは、情報発信を生業とする人間にとって、ぜひとも取り組んでいきたい領域です。

ライターとしてその可能性にどう関わるか

ライターという職業にとって、こうした流れは新たな仕事の機会が生まれることにもつながります。ライターは様々なスキルや専門領域と掛け合わせることで新たな仕事につながり、可能性のひとつに企業のインナーコミュニケーションがあります。

福岡のイベントでは、こうした話もできたらと思っています。色々盛りだくさんの話になるかと思いますが、気になる方は足を運んでみてください。

イベント情報はこちら