スティーブ・ジョブズになるまで

Photo by @Park_iPhone

Steve Jobsが、Steve Jobsになるまで…。

「スティーブ・ジョブズがどのように世界を変えたのか。」について足跡を辿るWebサイト “Steve Jobs museum” を運営するトブさんが、SNSへの投稿で紹介していた本。

気になっていたので、近所の本屋さんを探したところ置いてありました。日本版は「スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで」となっていますが、洋書タイトルは “Becoming Steve Jobs: The evolution of a reckless upstart into a visionary leader” です。

日本版は上下巻での販売となっています。表紙が、若かりし頃のジョブズと、歳を重ねたジョブズの対比になっており、個人的に好きな雰囲気の表紙です。これから時間をかけ、じっくり読もうと思います。

ところで、数年前から新書や文庫といった活字の本は、読書スタイルをKindle Paperwhiteへ移行しており、紙媒体の本を購入する機会が減りました。Kindle Paperwhiteは、持ち歩きや本の保管運用がとても楽だし、300ppiの高解像度でE-inkなので、紙の本と遜色なく集中して読書ができます。

しかし、どうしても「本」として持っていたい。本棚に残しておきたい。今回「本」を買ってあらためて感じたのは、私の所有欲を満たすモノは、美しいと感じることなのだということでした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.