格闘技ジムへ行ってきた話

フィットネスとライフスタイルについての記録

先日、ネットで調べていたら、自宅の近所に格闘技ジムがあることを知って、一日体験入会をしてきた。実は、今通っているスポーツジムを今月(三月)で退会することにしたので、次にどこへ移ろうかと色々と調べていたのである。この辺の話は、別のストーリーで書いて行こう。

一日体験入会した格闘技ジムは、MMA(総合)やキックボクシング、ムエタイ、柔術などなど、何でもありのジムらしく、夜はそれぞれの分野の現役選手やトレーナーが来てレッスン形式で練習をさせてくれるそうだ。日中はフリートレーニングとなり、常駐するスタッフの人に基本動作を教えてもらったり、ミット打ちを頼んだりして自由に使えるようになっている。

私は、その日は日中に体験入会したので、スタッフの人に見てもらいながら、シャドーボクシング、サンドバッグ、スピードボール、ミット打ちをしていただいた。その間に、こうしたらもっと良いよと色々とアドバイスを受けるわけである。

私の左足首の捻挫がなかなか治らず、力が入らないのでキックの練習がほとんど出来なかったのだが、ローキックの痛い蹴り方などを教わって来た。自宅でもできる練習法である。早速、毎日実践だ。

2時間くらいトレーニングをして、合計3時間くらい滞在させてもらった。ジムの会長さんやスタッフさんは、皆さん、とても丁寧に接してくださり、大変、雰囲気の良いジムだった。最後の残り30分で、私は会長さんに自主練と称して、短棒術(ダブル・スティック・ファイティング)の練習をしても良いか尋ねたら、何でもOKです、とのことで了承をもらい、棒術の練習をして来た。このように、融通の効くジムはとても助かる。公園で練習すると、「ハゲた人相の悪いおっさんが棒を振り回して暴れている」と通報されて、私はすぐに連行されてしまうからだ。誠に困ったものである。

スポーツジムの代わりに入会するつもりだったのだが、今回は諦めた。実は、フリーウエイト・トレーニングを継続したかったのだが、そのジムには機材が無かったのである。会長さんの話によると、近いうちに機材を導入する予定で動いているらしい。なので、私は導入されるまでは、スポーツジムへ通い、その後、そこの格闘技ジムへ入ろうと考えている。

自宅から近く、ジムの雰囲気も良く、フリーウエイト・トレーニングと格闘技のトレーニングが出来れば、私には最高の条件だ。それまでは、スポーツジムで楽しんでいこう。

おしまい。