「福岡市スタートアップ地図」を公開しました

福岡の学生を中心とし、スタートアップ及びベンチャーキャピタルに関する研究や活動を行う学生団体、スタートアップ投資部( http://investorclub.f-ventures.vc/ )は、「福岡市スタートアップ地図」を作成いたしましたので、お知らせいたします。

福岡市博多区・中央区のスタートアップ地図
上記区外の4社

■『福岡市スタートアップ地図』を作成した趣旨・背景

スタートアップ投資部の活動の一環として、福岡市内スタートアップ企業を調査し、地図にまとめました。福岡市はスタートアップ環境が盛り上がっており、市外のスタートアップ関係者とお話すると「どんな企業がいるの?」という質問が最も多いです。そこで、ひと目でわかるような形で一覧性がある地図を作ることで、より福岡市内のスタートアップに興味をひく仕掛けを作れないかと思い立ち、制作に至りました。もし、ここに載っていないスタートアップがあればご指摘頂けますと幸いです。スタートアップ投資部は、今後も福岡スタートアップの魅力を発信して参ります。

■「福岡市のスタートアップの3つの特徴」

1. スタートアップ支援施設の増加

従来から福岡のスタートアップに利用されていた、天神COLORやThe Companyなどのコワーキングスペースに加え、Fukuoka Growth Nextが新設されました。天神の一等地に位置する旧大名小学校が改装され、福岡市のスタートアップ支援施設として生まれ変わりました。スタートアップ支援拠点は天神周辺に密集しており、おのずと、スタートアップも天神周辺に集まっています。Fukuoka Growth Nextには、awabar、スタートアップカフェなどの特色のある支援施設のほか、CAMPFIRE、mobike、Planetwayをはじめ、多くのスタートアップ企業や施設が入居しています。また、観光客や地元住民が立ち寄るなど一般の方がスタートアップに触れ合う機会にもなっています。

2. 若年層の活発化

Fukuoka Growth Nextにも入居している、九州大学起業部では部員が150名規模になるなど、大学生の起業が増加傾向にあります。弊社が開催するスタートアップイベント『TORYUMON』では159名の学生が参加し、そのうち2社が起業しました。また、TORYUMONからは、スタートアップ投資部という活動も生まれ、スタートアップやベンチャーキャピタルに関心のある学生が現れてきています。また、TORYUMONやF Venturesを通し、スタートアップでの長期インターンが5,6名決定するなど、インターン文化も芽生えつつあります。

3. 自然との距離

蛇足になりますが、福岡市のスタートアップ企業の特徴として、登山者向けのサービスを開発する株式会社ヤマップ(山)や、釣り人向けのサービスを開発するウミーベ株式会社(海)、そして、ドローン事業を運営している、株式会社トルビズオンや日本コムクエスト・ベンチャーズ合同会社(空)など、都市の中心から自然が近い福岡らしいビジネスが生まれているとも言えます。

【調査概要】
調査名:福岡市内スタートアップ拠点調査
調査期間:2017年6月~7月
調査対象:福岡市拠点のスタートアップ、スタートアップ関連企業等
調査方法:スタートアップ投資部によるネットリサーチ、ヒアリング等

【本記事に関する問合せ】
■担当 F Ventures 長沼克樹 info[at]f-ventures.vc
※大変お手数ですが(at)を@に置き換えをお願いいたします。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated スタートアップ投資部’s story.