モチベーターになりたい…

【やる気を出させる3つの方法】

茂木健一郎さんが「やる気をなくす3つの要因」を以下のように伝えています。

  1. コンプレックスを抱えている
  2. 単調さが続く
  3. 強制や命令を受けている

このストレスをなくす関わりがやる気をおこす要因だとするなら

  1. できない自分を許せるようにする
  2. 飽きさせない
  3. 自発的に行動させる

こんな関わりが「やる気にさせる要因」になるかもしれません。

こんなお話を耳にしました。なるほどなぁです。

私が大切にしていること

コーチングをする際に【自分の弱さを受け入れることが大事】とよく話します。これは、コンプレックスを増大するのではなく、理解をしたうえで次の一歩を踏み出すために何をするべきかを考えるためです。
 何かを隠しても上手くは行きません。ありのままの自分で頑張るのが一番良いと思っています。

人間は弱いのでどうしても弱さを隠して自分を強く見せようとします。アクセサリーの扱いにしても、歩き方一つにしても自分をより良く見せようとする心理が働くと違う方向に進んでしまって美しくない姿もたまに見かけます。

自分を見つめて弱さを受け入れるのはなかなか大変ですがそれができたら大きく変わります。

飽きさせないというのはあの手この手で工夫あるのみです。
 自発的に行動させるのは注意しないと自ら考えて動くことも実はいつの間にか飽きてしまうので、この二つは一緒に考えたほうが良さそうです。

とはいえ上手く行かないことの方が多いので…

コーチングをする側が感情的になってしまうといくら工夫しても何もかもがうまく行きませんので、時にそのような場面が必要なら演技すべきです。(無いに越したことはありません)
「 あなたの為にこんなにしてあげているのに!」
 とか「これだけしてあげたのだから頑張って!!」
 などと言ってしまうのは論外です。
 (実は今回はココが言いたかったところです。)無償の愛というものは自分の身内にだけ向けるものではない気がします。
 全員を同じように愛することもまた難しいのかもしれません。

ただ、コーチングにおいて言えることはコーチ側はフラットな目線を持っていなければならないということです。
 ここ数日たくさんの経験をしていますが、道まだまだ半ば!もっと頭を悩ませながら成長したいと思います。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Jun-ichi Mori’s story.