すべての人々が朝8時前にすべき8つのこと

人生は忙しくて、夢に向かって進むなんて不可能じゃないかと思えるときもあります。フルタイムの仕事や子持ちの人にとってはさらに難しいことではないでしょうか。

あなたは夢に向かって前に進んでいますか?

もし毎日の大切な時間を削ってでも夢に向かって努力していないとしたら…疑いの余地なく、あなたの時間は忙しい日常という名の真空へと吸い込まれてしまうでしょう。その事実を知る前にあなたは年老いて、ふとこう思うはずです…一体あの時間はどこに行ってしまったのだろう。

Harold Hil 教授はこう言いました。「人は多くの明日を積み上げ、沢山の空虚の昨日しか残っていないことに気づく。」

人生について考え直し、サバイバルモードから抜け出そう。

これはあなたの人生全体に対するアプローチを再考してもらうための記事です。あなたの人生をよりシンプルに、根本に立ち戻ってもらうことを目指しています。

悲しいことに、多くの人々の人生は不必要なことや取るに足らないことでいっぱいです。意義あることに向かって何かを作っていく時間なんてないのです。

彼らはサバイバルモードなのです。あなたは?

Bilboのように、私たちの多くは多すぎるパンに薄く塗られたバターのようなものです。そして残念ですが、そのパンは私たちのものではなく、他の誰かのものなのです。自分の人生を自分のものにする、そんなことに時間を使えるのはほんの一握りの人しかいないのです。

自分のために生きるなどどいう言葉は一世代前までは、社会階級的なものであり文化的なものでした。そして何千年もの間このプロセスは続けられてきました…単純にそれだけが私たちが教えられた世界観だったのです。

しかし今は様々な意見主張またはその成果により、ある種の集合的な考え方が成長しています — あなたもあなた自身の言葉で生きてみましょう。

あなたの運命をデザインするのはあなたです。

あなたにはその責任があるのです。

決めなければ、決断を下さなくてはいけないのです。そうでなければ、誰かがあなたの人生を決めてしまいます。決断を下さないことは悪い決断を下すのと同じことなのです。

この朝の短い日課を続けていけば、すぐにあなたの毎日に変化が訪れるでしょう。

長いリストに見えますが、実際とてもシンプルです:

  • 起きる
  • テンションを上げる
  • 動き出す
  • しっかりとした食事をとる
  • 準備を整える
  • インスピレーションを受けることをする
  • 視点を変えてみる
  • 将来に向けた何かをする

それでは始めましょう:

1. 健康的に7時間以上の睡眠をとるようにしよう

睡眠は食事や水を飲むことと同じくらい大切であることが誰でも知っています。にもかかわらず何百万人もの人々が十分な睡眠をとらずに、結果として恐ろしい病気を経験しています。

National Sleep Foundation (NSF) の調査によると、少なくとも4千万人のアメリカ人が70種類以上の睡眠障害を患っています。それだけでなく60%の成人と69%の子供が、一週間または数日のうちに一つ以上の睡眠障害を経験しているそうです。

それだけではありません。40%以上の成人が、月に何日かは日中に眠気に襲われて仕事に支障をきたしており、また別の20%は週に何日かは日中の睡眠障害を経験しているそうです。

反対に、十分な睡眠をとると以下のような良いことがあります:

  • 記憶力の向上
  • 寿命が延びる
  • 炎症の発生率の低下
  • クリエイティビティの向上
  • 注意力と集中力の向上
  • 肥満の減少とエクササイズによる筋肉密度の増加
  • ストレスの減少
  • カフェインなどの興奮剤への依存率低下
  • 事故に遭う確率の低下
  • うつ病リスクの低下
  • もちろん上記以外にもたくさんあります。Googleで調べてみてください。

あなたが睡眠の優先順位を上げなければ、この記事の残りの部分は価値がありません。もしあなたが朝5時に起きて、実はその3時間前に就寝したばかりだとしましょう、そんな人が健康に気を使っているなんて誰が考えるでしょうか?

そんなのは長くは続きません。

眠いときや頑張らなければいけないとき、興奮剤を使う人も多いと思います。ですがその効果は長くは続きません。長期的な視点で見ると、あなたの体はどんどんボロボロになっていくでしょう。ゴールは長期的で持続可能なものでなければいけません。

2. 瞑想で明晰さと豊かさを得よう

健康的な睡眠から目を覚ました後は、瞑想でポジティブな方へ自分を持っていくことがとても重要です。集中力が研ぎ澄まされます。

瞑想は、あなたを取り巻くすべての物事への感謝の気持ちを助長します。感謝の気持ちは有り余るほどの思考態度を内包しています。申し分ないほどの思考は、あなたを成功に導いてくれます。無限大の機会と可能性を得ることができます。

人間は磁石のようなものです。あなたを取り巻く物事に感謝をすれば、自ずとポジティブなこと、良いことが引き寄せられます。感謝の気持ちは周りへ伝わっていくのです。

感謝の気持ちこそが成功への最も重要な鍵となることがあります。すべての美徳の母とも呼ばれるのですから。

もし毎朝、感謝と明晰の宇宙に身を委ねれば、あなたは大きなチャンスと集中力を手にすることができるでしょう。

3. ハードな運動を心がけよう

The Center for Disease Controlの National Health Interview Surveyによると、運動の必要性についての証拠がこれほど巷に溢れているにもかかわらず、25歳から64歳のアメリカ人のうち1/3しか定期的に運動をしていないそうです。

もし健康的で幸せな、生産性のある人々の仲間に入りたいのであれば、運動を習慣化しましょう。ジムでは沢山の人々が体を動かしています。朝の庭仕事もとても良いです、短い時間だけでもインスピレーションを得ることができますし、頭が冴えます。

好きなことでも何でも良いのです、とにかく体を動かしましょう。

エクササイズを行うことで、憂鬱や不安、ストレスを減少させることができる、ということがわかっています。あなたの仕事上での成功にも関係しているのです。

もし自分の体を気にかけなかったら、体以外にも人生の他のすべての側面に悪影響が及ぶでしょう。人間とは様々な要素の集合体なのです。

4. タンパク質を30g摂取しよう

栄養学の名誉教授であるイリノイ大学のDonald Laymanは、毎日朝食に30g以上のタンパク質を摂取することが理想的だと言います。同じようにThe 4-Hour Bodyの著者Tim Ferrissは本の中で、起床後30分以内にタンパク質30gを摂取することを推奨しています。

Timによると、彼の父親はこれを続けることで一ヶ月で19ポンドも痩せることができたのだそうです。

タンパク質が豊富な食べ物は消化に時間がかかるので、他の食べ物よりも満腹感が持続します。またタンパク質は血糖値を緩やかにするので突然の空腹を防ぎます。

タンパク質を摂取することで加工食品の炭水化物を食べたくなる欲求を減少させます。そういったタイプの炭水化物を摂取すると太りやすいのです。ベーグル、トースト、ドーナッツなどを考えてみてください。

Timは朝に適したタンパク質の取り方を4つ紹介しています:

  • 朝食の総カロリーのうち40%はタンパク質として摂取する
  • 2つまたは3つの卵からタンパク質を摂取する(卵一つにつき6gのタンパク質を含んでいる)
  • 卵がダメな人は、七面鳥のベーコン、オーガニックポークのベーコン、またはソーセージやカッテージチーズを食べるようにする
  • またはプロテインシェイクと水から摂取する

普段肉と卵を食べない人は、植物性タンパク質を摂取するようにしましょう。豆、緑黄色野菜、ナッツや種はどれもタンパク質豊富です。

5. 冷たいシャワーを浴びよう

Tony Robbinsは毎朝57℉(約14℃)のスイミングプールに飛び込むことにしました。

なぜ彼はそのようなことを始めたのでしょうか?

冷たい水に浸かることは肉体的/精神的な健康を急激に助長します。これを定期的に行えば、あなたの生活のクオリティを高める免疫機能、リンパ機能、血液の循環機能、そして消化機能を長期的に良い方向へ変化させます。さらに代謝機能も上昇するので、ダイエットにも良いのです。

2007年の研究により、定期的に冷たいシャワーを浴びることは処方箋治療よりも効果的なうつ病の治療方法であることがわかっています。冷たいシャワーを浴びることで、気分を向上させる神経化学物質が分泌されるのです。

勿論冷たいシャワーを浴びるなんて最初は怖いものです。誰だってシャワーを浴びようとするときに、浴びることに躊躇している自分に気がつきます。

冷たいシャワーを目の前にして「やっぱり明日にしよう」なんて自分に言い聞かせて、暖かいシャワーに切り替えてしまうかもしれません。

または意を決してシャワーを浴びても、すぐに暖かいシャワーに切り替えてしまうかもしれません。

そんなとき私はスイミングプールを思い浮かべるようにしています。冷たいプールに徐々に入ると、まるでゆっくりと激痛を感じながら死んでいくようですが、20秒後にはもうなんてことありません。

冷たいシャワーも同じことです。浴びた直後は心臓がバクバクしていますが、20秒後には気持ち良く感じます。

これをやることで私は自制力やクリエイティビティやインスピレーションが向上しました。冷たいシャワーを背中に打ち付けているとき、私はゆっくりと呼吸を繰り返し自分を落ち着かせます。落ち着くととても気分が良くなり、インスピレーションが湧いてきます。アイデアがどんどん湧いてきて、ゴールに向かうための大きなモチベーションを得ることができます。

それに朝にこういった普通じゃない行動をすることは健康的なのです!生きているという実感を感じて、自身を仕事モードにセットしましょう!

6. 自己を高めるコンテンツを聞こう/読もう

一般的な人々はエンターテイメントを求めますが、並外れた人々は教育と学びを求めるものです。世界的に成功を収めている人々に共通することは一週間に最低一冊は本を読むということです。彼らはみな学ぶということを継続して行っています。

私はオーディオブックを週に一冊、学校までの通勤中やキャンパスを歩いているときに聞くようにしています。

毎朝15–30分でも自己啓発本や学習関連の本を読むだけでもあなたに変化が訪れるでしょう。この習慣によってあなたはいつでも最高のパフォーマンスを発揮できるような状態になるでしょう。

続けていれば、あなたはいつかは何百冊という本を読み終えて、様々なトピックで誰にも負けない知識を持っていることでしょう。以前とは違った視点から世界が見えるようになるでしょう。様々なトピックの間につながりを見出し、そこから新しい発見があるかもしれません。

7. ライフビジョンを見直そう

ゴールというものは短期的なものであれ長期的なものであれ、ペンで書き下せるものであるべきです。数分かけてライフビジョンを確認することであなたの一日がとても見通しの良いものになります。

もし長期的なゴールを毎日確認していけば、きっと毎日そのゴールについて考えるでしょう。ゴールについて毎日考えて、それに向かって毎日時間を使えば、いつか実現するでしょう。

ゴールを達成することは科学です。混乱させるようなことも曖昧なことも一切ありません。一つのシンプルなことを毎日コツコツと続けていけば、どんな大きなゴールでも全て実現できるのです。

それはゴールを書き下して毎日確認することなのです。

8. 長期的なゴールに向かって最低でも一つは実行しよう

意志の力はエクササイズすることで減ってしまう筋肉のようなものです。同様に、ハイクオリティな決断を下す才能もまたどんどん減少していきます。決断を下せば下すほど、そのクオリティは落ちていく…意志の力もまた徐々に弱くなっていくのです。

だから、朝の一番初めに大変なことを実行する必要があるのです。一番大切なことをです。

もししなかったら、それは達成されないまま終わることになるでしょう。一日が終わって、あなたはクタクタに疲れ果てて、オーバーヒートしているでしょう。朝に大変なことを実行するのには数え切れないほどの理由があるのです。明日やることにしてしまったら、永遠にやらないでしょう。

だからあなたのマントラはこうあるべきです。「ワーストがファースト。あなた自身がずっと必要としていることをやる。毎日繰り返す。」

大きなゴールに向かって毎日一歩ずつ進めば、そのうち実はゴールがそれほど遠くはないことに築くでしょう。

結論

これを続けていけば、あなたの一日があとどれくらい残っているかなんて気にする必要はありません。一番大切なことを一番最初にやってしまいましょう。そうすれば成功の道は自ずと開けてくるでしょう。ゴールまでの距離はあとわずかです。

これらのことを続けていけば、あなたの人生はもっと素晴らしいものになるでしょう。もっと良い仕事ができるでしょう。もっと良い関係を築けるでしょう。もっと幸せになるでしょう。もっと自信がつくでしょう。もっと存在感のある人間になり、物怖じしない性格になるでしょう。もっと明確なビジョンを見出すでしょう。

あなたの人生は短い期間で劇的な変化を遂げるでしょう。

あなたの人生とは相容れない物事なんてこの世にたくさんあります。起きた時にそのような物事に苛まれない、そんな朝が一生続くことはありえないのです。でもそういった物事もこれらを続けていけばどこかへ消えて無くなるでしょう。消滅して、永遠に戻ってくることはないでしょう。

熱中できることに向かって頑張っている自分にすぐ気付くはずです。

あなたの交友関係は情熱的で、意義のある、ディープで楽しいものとなるでしょう!

そして自由と豊かさを手にするでしょう。

この世界、そして宇宙は美しい形であなたに語りかけてくるでしょう。

もっと深くつながりましょう。

もしこのポストにインスピレーションを受けて今後ももっとコンテンツを読みたいと思った方は、購読をお願いします。無料版のSlipstream Time Hackingもどうぞ。読んでくれてありがとう!

http://www.benjaminhardy.com/

Like what you read? Give Hiroshi Takeuchi a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.