アイドルの生写真という世界

アイドルマーケット内には、握手会とかLIVEとかグッズとか、お金を消費できるところがいくつかあります。

この生写真と言われるグッズ?もそのひとつです。
昔で言うところのブロマイドです。

B.L.T.が出している1冊500円の生写真付き小冊子がメジャーだと思います。

http://blt.zasshi.tv/

完全にランダム封入のため、どのメンバーのどの写真が入ってるか分かりません。

例えば、iDOL Streetだと50人近くメンバがいて、メンバー毎にアップ・バストアップ・全身の3タイプあるため、単純に150種類くらいの新しい種類の写真が毎月発売されます

この生写真を収集している濃いヲタは俗に『写真厨』と言われて、高所得な大人のヲタが多い印象です。

全メンバー分を集めてる人よりも、やはり自分の推しの写真を集めることがメインになります。
だいたいそういう人達は、毎月50〜100冊という単位で買っています。
(私の周りの印象値です)

B.L.T.の生写真の中には、各メンバー毎に9枚(各タイプ×3枚)づつだけ直筆サインが入った生写真が存在します。
直筆サインなしをノーマル、直筆サイン入りを直筆と言います。

グループによっても違いますが、直筆は、サインだけでなくメッセージやイラスト等で彩られていることが多いです。

程度の差はあれど、写真厨は自分の推しのそれを集めるために毎月大量にB.L.T.を買っています。
確率的に10〜20冊に1冊くらいで、この直筆が入っています。
(私の周りの印象値です)

直筆サインのレートは、メンバーにもよりますが、ノーマル1冊500円に対して、私の知っているグループ(iDOL Streetストリート生)だと3000円くらいの価値になります。もっと上位グループだと5,000–10,000円。AKB、スタダとかだと10,000円以上くらいです。
(私の周りの印象値です)

僕の知ってる写真厨の人達は、あまり直筆を金銭で売ったりはしません。
あくまでもトレード(トレ・交換)を通じて、自分達の推してるメンバーの写真を手に入れようとします。

当然、人気がないメンバーは集まりやすいですし、人気のあるメンバーは集まりにくいです。
トレは主にTwitter上や現場で行われています。

秋葉原や中野にあるTORIOというお店では、このようなサイン入りグッズの買取販売も行っています。

さて、この直筆サイン生写真の中に、年に1回だけ、該当するメンバーの誕生日月にBD直筆(BIRTHDAY直筆)と言われる、誕生日ver.1種類×3枚のレアな直筆が存在します。
写真厨や写真厨ではないヲタも、この月ばかりは自分の推しのBD直筆をゲットするために、B.L.T.を購入します。

人気メンバーが集まる月では、発売日初日に都内の書店からB.L.T.が消えることもあるみたいです。

それは自引き(自分で自分の推しの直筆を引く)もそうですが、トレをするために直筆を抱えておくためでもあります。
だいたいBD直筆は、倍のレートでトレされます。

しかし、メンバーが卒業すると、一般的にレートはぐんと下がります。
もちろん推してた人にはそんなもの関係ないのですが。

生写真集めは、お金がかかりますし、ヲタク仲間とのコミュニケーションも必要なので、コアな人達が多い印象です。

最後に、雑記なので間違っていたらすいません。

追記:B.L.T.以外にも会場販売の生写真や、様々なイベントで生写真は発売され、それぞれに直筆があったりします。歴史もありますし、そういうのも考察できるといいなと思いました。

追記2:mediumやブログ等一般に公開される前に下書き・草案をFacebookやTwitter等の身内のコミュニティに投下してフィードバックをもらう流れはいい気がしました。

その中で元ハロヲタの方から下記のようなコメントをいただいているので、載せておきます。

ハローは、ランダムは少なかったけど、ライブ会場やハロショ店舗ごとに限定が出まくる(しかも並べて比べないと差がわからないような間違い探しレベルでもバージョン違いにカウントする)ので、コンプが本当に大変だった。

以上

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.