とうとう事故った

こんにちは。

毎日ベトナム交通事情にビクビクしながら過ごしている奥村です。

いや、、すごいですよね、ベトナムの道路。

一面バイクで埋め尽くされてます(笑)

さらに、こんな環境の中で4月末からバイクではなく、

電動自転車に乗ることにしました。

電動自転車といってもペダルはあるけど

こがなくても進むし、時速40キロほど出ます。

(もはや自転車要素皆無)

やっとこれでタクシーに乗らなくても移動できる~

なんて有頂天で運転してたところ、

事故りました…….

はや!!!

といっても、事故ったのは僕ではありません。

友達と運転しながらレストランに行った帰り、

友達のバイクが左折しようとしたところ、直進してきた自動車と正面衝突してしまいました。

幸い、友達は足にかすり傷を負っただけでしたが、自動車のバンパーが外れてしまい、友達の電動自転車のハンドルが動かなくなってしまいました。

そして車から血相変えて降りてきたドライバー。

そしてさすがベトナム、何言ってんのかさっぱりわかんない。

というわけでベトナム語を喋れる知り合いをわざわざ呼んで通訳してもらうことに、

その結果、

4000,000VND修理代として払え!

とのことでした。

えっ!!それだけ!?(笑)

しかも4000,000VNDって2万円。

こんな大金すぐに払うわけにはいかないとごねる日本人。

しかも警察が来ると面倒だから呼びたくないとのこと。(怪しい)

そして1時間の交渉の結果、

ドライバーが修理工場に行って、そのレシート代金だけ払うということに

落ち着きました。

しかしこの選択が間違いでした。

そのレシートを見ると、4000,000VND

全く一緒じゃねーか!

なんとドライバーが提示した金額と全く一緒だったんです。(笑)

完全にやられました。

しかし、事故に遭ったときときどうすればいいのかなんて

分かりませんでした。

そしてその友人は結局指定された4000,000VNDを払うことになってしまいました。

というわけで、電動自転車を運転するのが怖くなった私。

後日某日程大手保険会社に行ってどうすればよかったのか話を聞いてくることに。

(続く)

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.