Jubilee Ace
Published in

Jubilee Ace

スポーツやeスポーツゲーミングの世界においても、裁定取引が興隆

スポーツやeスポーツゲーミングの世界においても、裁定取引が興隆

現在、eスポーツくじは徐々に人気を博してきており、誰もが利益を狙えるチャンスを得られるようになっている。足許の経済状況の下では、代替的な取引手法を駆使してスポーツくじに勤しむ者やポートフォリオを成長させようとしている投資家にとっては、大きな収益機会のひとつともなっている。また、スポーツくじを運営する事業者のための新しい機会も提供している。そしてトレーダーは、裁定取引を活用することで、最大限の利益を上げることを可能としている。

以下の記事は、HVYに掲載されたものを日本語に翻訳したものです。

近年、スポーツ賭博は、従来の近場にあるようなスポーツブックハウスから、オンラインスポーツくじ、そして現在ではeスポーツくじへと進化を遂げている。このような進化の結果、多くのプレーヤーやベッターがこのエリアにおける収益機会を見出し始めている。どのような市場においても、多数の人々が存在するようなとき、さまざまな革新的な投資戦略が発見されることがある。スポーツとeスポーツくじの世界では、裁定取引がその一つの戦略となろう。

現在進行中のコロナウィルスによるパンデミックにより、さまざまな産業が甚大な影響を受けている。外出禁止令により、多くの人々、学校、企業がデジタル空間への移行を余儀なくされている。しかし残念なことに、一部の人々や業界にとっては、それが適わないこともある。

マカオのようなエンターテイメントが中心のビジネスエリアは、この世界的なパンデミックの波の中で静まりかえってしまっている。伝統的なスポーツイベントは大規模な人の集まりを避けるためにほぼ世界中で中止されており、いつ再開されるかの目途は立たないままだ。伝統的なスポーツくじのベッターにとっては、これは収益機会を失うことを意味するだろう。しかし幸いなことに、eスポーツはここにおいてなお、収益機会を提供する。

今や単なる一過性のブームではなく、以前にも増して注目度が高まっているeスポーツ。Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO)やRocket Leagueなどの人気ゲームがそれぞれのプレイヤー数の記録を更新し続け、TwitchやYouTube、さらにはFacebookなどのストリーミングプラットフォームでも視聴者数が大幅に増加していると、ESIは報じている。このeスポーツ市場はもはや単なるお飾りではなく、誰も経験したことのないこの時代に必要不可欠な存在になりつつあるのだ。

拡大するeスポーツ市場

eスポーツくじは決して新しい概念ではなく、eスポーツそのものの進化と共に成長してきた。世界のeスポーツくじ市場は、2020年末までに140億ドルにまで達すると予測されている。賭博市場におけるeスポーツは単なる話題性をはるかに超えて成長しており、その勢いは増すばかりだ。

初めてベットする人にとって、人気のあるeスポーツのタイトルを理解するのは難しいかもしれない。もっとも有名なタイトルは『CS:GO』、『League of Legends』、そして『Dota 2』で、このトリオは通常「ビッグスリー」と呼ばれている。Narus AdvisorsとEilers & Krejcik Gamingの調査によると、これらの3つのタイトルを合わせると、eスポーツくじ取り扱い分の85パーセントを占めることになる。

「『Rocket League』、『FIFA』、『F1 Esports』、『Call of Duty』などのセカンドラインのeスポーツタイトルにおいても、過去数ヶ月間にプラットフォーム全体で 200 パーセント以上のトラフィック増加が見られた」と、eスポーツくじ比較サイト「SickOdds」の最高経営責任者、トム・ウェイド氏は述べている。このトラフィックの増加が、eスポーツとそれへのベットが増加する大きなきっかけとなっている。

また、eスポーツくじの事業者の増加により、裁定取引を利用してスポーツくじの収益性を高める機会が多く開かれるようになってきている。

裁定取引による収益機会

アービトラージベッティングは、最終的に利益を得ることを目標に、発生する可能性があるあらゆる結果に賭けるという戦略だ。このテクニックの簡単な例としては、通常起こり得る3つの結果(勝ち、負け、引き明け)を有するサッカーの試合が挙げられる。アービトラージベッティングでは、ゲームの最後に利益の額を底上げするために、すべての可能性に賭ける必要がある。

「収益性を高めるために、ベッターは一般的に複数の結果に賭けることが多い」と、コモディティ、デジタルアセット、eスポーツの自動裁定取引プラットフォームであるJubilee Aceの最高経営責任者、トニー・ジャクソン氏は言う。この賭け方を取る理由は、ブックメーカーは常にオッズのバランスを取るように条件を設定しており、一つの可能性にだけ賭けることは、すなわち賭けに負けることを意味するからだ。

おわりに

eスポーツくじ市場の隆盛は、誰にとっても収益機会をもたらすものだ。eスポーツベッターにとっては、現在の経済状況の中でもポートフォリオを成長させる手段となり、またスポーツ賭博運営者にとっては、新たなビジネスチャンスとなっている。「eスポーツベッターの増加に伴い、裁定取引は市場の流動性を高めるための実行可能な戦略であり続けている」と、ジャクソン氏は付け加える。これにより、eスポーツ市場のトレーダーやベッターにとって、収益性の向上が見込めるのだ。

イメージ: Shutterstock

Jubilee Aceについて

Jubilee Aceは、世界規模のマルチセクターの裁定機会に特化した、先進的なデータ分析会社です。2018年に英領ヴァージン諸島で5,000万米ドルの資本金を元に設立されました。スポーツや暗号通貨の裁定取引を手掛ける前に、取引所での伝統的なコモディティの裁定取引からその事業をスタートさせました。豊富なトラックレコードと卓越したビジネスモデルをもとにデータを抽出・精製し、収益化可能な戦略と実行可能な投資判断へと変換し、低リスクかつ高収益な投資を通じてポートフォリオを成長させるための新鮮な視点を顧客に提供しています。

ご質問やお問い合わせはこちらから。また、テレグラムグループTelegram groupにもご参加いただけます。

Jubilee Ace Limited is an arbitrage centric company that focuses on maximizing yield with minimum risk. Founded in the British Virgin Islands in 2018 with a paid-up capital of US$50 million, we are a company that specializes in arbitraging across a wide range of sectors.