一つ越えて、もっと楽しいと思えること

「一つ出来れば、次の課題が出てきて、弾けば弾くほど面白い。終わりがなくて、面白い」

という状態の生徒さんが、少しずつ増えてきました。

急激に譜読みが速くなり、数日でかなりの曲(ステージ用の長い曲)の譜読みを終わらせられる力がついた子もいます。

最初の一歩に「10時間20時間」。黙々と気の遠くなるような時間、一人で試行錯誤していた子が、考え方のコツ(その子なりの)を掴んだ後は、凄く早く理解、技術まで習得出来るようになったのも、最近です。

「学習のペースが加速している」

ここ数ヶ月で、そういった生徒さんが増えてきて、何が良かったのか、具体的に共通点は何か、私も考え始めました。


勿論私も「絶対、成長する。伸びる」と思って全ての生徒さんに対峙している訳ですし。伸びた子自身も、当然個人として努力していますし。

でも、いくつかの想像以上の成長に遭遇すると、「その共通点は?何が良かったのかな」と考えます。


自発的に学べて、問題を見つけ、クリアすることが楽しいと思えること。

私自身の経験の範囲では分かるのですが(笑)それでも、起きた現象の意味や答えを科学的に見つけられればいいな、と。

毎日、勉強しています。


今は、自分の為の、練習や音楽に関してゆっくり考える時間が中々取れないのですが、

自身を伸ばす為にも、時間を今以上に取って、問いを立てつつ考え続けられればと思います。

やっぱり、学び続けることは、一番楽しいこと。

と感じます。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Junko Takei’s story.