初めて踏み込んだ場所で。

先日、ホクト文化ホールで行われた、ショパンコンクール in Asia長野地区予選会に2名出場しました。

こちらのコンクールは、参加は初めて。

地区予選としての日程が早かっただけあり、他県からも…山梨、金沢、富山など…私もピティナや他のコンクールでレベルの高い演奏を聴いたことのある、実力のある方々ばかりのエントリー。

音色も音楽の構成も、素晴らしい演奏で圧倒されました。

誰が選ばれても、、と思うような。

ミスがないことは勿論、完成度の高い演奏が並びました。

写真入りのプログラム、エントリーの方々を見て、

「これは、、見ないほうがいい」

(余りに上手な方が並んでいたので)と、閉じてしまった私です(笑)

結果は、出場した2名

小学5.6年の部、銅賞

小学3,4年の部、銀賞

私の方が驚いて倒れそうになる様な、良い評価を頂きました。

楽譜の読み方、表現の仕方、解釈は、審査員の方もそれぞれ。

多分3人の先生にレッスンを受ければ、3通りの…時には全く違う解釈も出てくるのではと思います。

なので、、評価され選ばれるという場では、結果が努力に比例しないことも、あります。

……………

コンクールでの演奏と評価は、実力のほんの僅かな一面。

評価は有り難く受け取って。

でも、常に足元をしっかり見て、決しておごらず。

音楽をしっかり理解して、数年先の演奏につなげるには、目の前に沢山の課題があります。

また、一つ一つ、諦めずに投げ出さずに、努力してくれることを願っています。

これからも、人に伝わる、誠実で心のこもった演奏が出来ますように。

A single golf clap? Or a long standing ovation?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.