お客さんと仕事をするのに、仕事を持ち帰りでさせてもらっている。

黙々と仕事をこなすわけだが、よく孤独を感じる。

一日誰とも会話をかわすことがないことに、そろそろつまらなさを感じている頃合いなのか。

最近は、酒を飲む店を探すことが多くなった。酒を飲んでストレスを発散するというよりは、そういうつまらなさを紛らわせているようにも感じる。

幸いにも仕事以外で多少友人っぽい人たちが増えてきて、仕事が終わったら彼らと飲む機会もある。

少し酒が残った状態で起きるのも慣れた。だが、酒に飲まれる人生になりそうで怖さがある。向上心を失い、ただ毎日飲めればいいという人生。自分が嫌悪さえした生活に片足をつっこんでいるように感じてもどかしい。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Shinichi Sasaki’s story.