約一ヶ月間の糖質を摂取してみて思ったこと 良い部分悪い部分含めてお伝えします!

改めまして、約一ヶ月間の糖質摂取をしていました。意識的な糖質を摂取してどうだったのかを書きたいと思います。

ただ一ヶ月間はむやみに糖質をとるのではなく出来るだけ計画的に糖質をとることを決めていました。その中食べたい時にパッと食べられる手軽さもたまに楽しんでいました。

さて今回、意識的に糖質を摂取して個人的に感じた身体の変化は以下の通り。

糖質摂取して悪い点
■ 少しアドピーがでてきた。
■ 凄まじく眠い時がある。
■ 糖質は有限であった。
■ 頭がボートする。
糖質摂取して良い点
■ 意外と眠くならないときもあった。
■ 何の制限もなく気楽だし食べたい時に食べれるのは嬉しい。
■ 筋肥大した。

悪い点

■ 少しアドピーがでてきた。

そこまでひどいアドピーではないですが、もともと幼少からアトピー性皮膚炎ではありました。大人になってからは試合が続いたり、汗をかいた時や疲れが溜まった時に特によく発症していました。糖質を絶ってからなかったのですが、糖質をとり食べだしたらまた肘の裏の辺りに少しでてきました。

■ 凄まじく眠い時がある。

眠いのは特にお寿司を食べたときが異常に眠かったです。そんな回数的にはあるわけではないので、たまたまのタイミングだったかもしれませんが、お昼に食べると午後はもう、ぐたぁーと眠いような感じです。

■ 糖質は有限であった。

期間中に意気込んで食べようと思うのですが、その日食べるともういいかなという気持ちになりあまり食べれなくなります。あきらかに昔の甘党の自分ではなくなりました。そういう身体になったのかもしれません。

■ 頭がボートする。

頭がボートするようになったのは時期も後半ですね。ちょっと無駄な時間を費やしているように感じました。ここら辺はもう終盤だからといって良質な炭水化物だけではなく、人工的なものも結構食べてしまったというのが原因だと思います。

上記はデメリットですね。

良かった点

■ 意外と眠くならないときもあった。

オートミールというものを初めて食べる

今回は良質な炭水化物も選んで食べたので、そういう時はあまり眠さを感じませんでした。

■ 何の制限もなく気楽だし食べたい時に食べれるのは嬉しい。

スーパーやコンビニなど行ってすべて気にせず食べられるってとても気楽で良かったです。

■ 筋肥大した。<優秀>

何よりも筋肥大を目指したので、そういう意味では効果を最大限感じられました。この効果はとても感じたので次回お伝えしたいと思います。

次の糖質摂取の時期は7月後半からの一ヶ月、日本滞在時期に合わせたいと思います。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.