学びをテーマに発表することで自分が「学んだ」ワケ

自分の発表が、実は発表内容のリアルな体験であったことに気づいたという話

Takeshi Kakeda
Feb 28, 2019 · 8 min read
https://t.co/0wN9tb3Vwo

2/23に、広島市で行われたオープンセミナー2019@広島で発表させていただく機会があり、登壇させていただきました。

今回「学び方Hack」をテーマにということだったのですが、学習法の理論や体系は様々な本が出てますし、ただ単に読んだ本の紹介をするのではなく、単に自分の経験だけを語るのでもなく、実体験に基づく・覚えがある内容を、関連する書籍も含めて紹介することにしました。

学びというと、このところ「身体知・身体性」ブームだったので、そこを中心に含めたいと考え、カラダとアタマが不可分、そしてココロも不可分、というつながりで学びの全体性というキーワードを発想し、内容を組み立てました。

それぞれのつながりをイマイチ整理しきれていない感が強くありますが、このような機会を頂くことで、少しは自分の中で一歩先に進めた気がしています。本当にありがとうございます。

https://www.slideshare.net/kkd/20190223-132981562

アタマ編について

メタファーについては、今回は概念メタファーの文脈ではなく、学んだものを喩えるツール・テストとして紹介しました。メタファーは知識創造の文脈でも重要な位置を占め様々な文脈と繋がります。メタファーについての以前の講演資料はこちらになります。

カラダ編について

「コトバにするのが難しい」というようなフィードバックがありましたが、自分なりの言葉、例えばオノマトペ(擬音)でもいいんです。

「こつ」と「スランプ」の研究』に創作オノマトペというワークショップが紹介されています。かいつまんで言うと、ある身体感覚に対して自分なりの音素を当てはめるものです。一般的に使われているオノマトペでなく、まったくの創作でよいのがポイントです。

たとえば「し」と「じ」という別の音素の微妙な差異を表現することで、身体感覚がコトバに分節化されます。このワークショップは自分でオノマトペを作ってそれで表現しようという内容で非常に興味深いです。

SPARK理論については、最近はかなり有名になってきているようですが、個人的には外せないのでちょっと唐突ですが含めさせていただきました。Tweetみてると走る人より自転車乗る人の方が多そうな雰囲気でしたが、休憩時間にZwiftでも使って心拍計見ながらカラダを動かすのがいいんじゃないでしょうか。

ココロ編について

ホモ・ルーデンス』、『デカルトの誤り』の「ソマティックマーカー仮説」については説明が足りず消化不良でした。本家を読むより、その解説書(『遊ぶが勝ち』、『身体知性』)の方がとっつきやすいです。

謙虚さについては、自戒を込めて含めました。自然から、子どもたちから学ぶことは日々多いです。

ちなみにこんまりメソッドは、ソマティックマーカー仮説で言うところの「あるモノに関連する身体的体験が引き起こす情動」を使って取捨選択するという、身体感覚と情動を用いた選択メソッドではないかと気づきました。

学びのプロセスについて

できる/かたる/わかるのマトリックス

今回のスライドの中で反応が多かったできる/かたる/わかるの関係仮説の図ですが、実は、最初からシーケンシャルに知る→わかる→できるという階段上になっているモデルに疑問を持っていたわけでなく、今回のテーマで話の構成を組み立てていた時に「あれ?」と違和感を覚えて、前日に図を思いつき急遽差し込んだのでした。

自分の仮説としては

  • 「できる」は主に運動を司る領域を使う
  • 「かたる」は主に言語を司る領域を使う
  • 「わかる」は「できる」と「かたる」のつながりができた状態

というものです。

このモデルが正しいかどうかは検証が必要ですが、からだメタ認知のように、身体感覚をコトバにすることで、身体感覚のフィードバックにもなり得るのと、自分がやってきたことに対して、誰かの講演や書籍を読んで「自分がいいたかったのはそれだ!」という瞬間のメカニズムはこんな感じではなかろうか?と考えます。

インナーゲーム』の話は、カラダ編に含める予定だったのですが、学びのプロセスに移動しました。ここで言うセルフ1とセルフ2の話は、禅の話にも繋がり『弓と禅』と近いテーマです。本文の中でも鈴木大拙氏の著作が引用されていました。(懇親会でも指摘されました)

ヘヤーインディアンの話は『古武術に学ぶ身体操法』で紹介されていたのですが、セルフ2の学習と同義だと思い紹介しました。本はまだ読んでないので、これからもう少し調べたいです。

身体知はすべてコトバにできない、でもコトバにする意味

SEKIモデル(http://www.osamuhasegawa.com/wp-content/uploads/2009/11/SECI%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB.png)より

知識創造の文脈でよく使われるSECIモデルで言うところの、表出化(Externalization)についても改めて深く考えさられました。恐らく世間一般に理解されているSECIモデルの表出化は「言語や概念にする」くらいにしか捉えられていないと思います。

しかし身体知(暗黙知)をすべて形式知化することは、不可能あるいは非常に困難であり、たとえ形式知化されたとしてもそれを自分のものとする内面化(Internalization)もとても困難であると気づきました。この点については別途考察したいテーマです。

アタマとカラダとココロがつながる

・様々な分野から学び繋げること

・カラダを使って体験しそれをコトバにすること

・自分のココロ(内面)に向き合い動機・方向づけをすること

・自分のココロ(感情)を大事にしてイマココに集中すること

・多くの人と交わり繋げていくこと

これが織りなすのが、学びのフラクタルなネットワーク構造であり、学びの全体性ではないかな、という私の仮説でした。

Twitterの反応にまとめてリプライ

学ぶタイミングについて

タバコ部屋に似てるよね

どこで読んでるの?

セルフ1を騙せばいいの?

「わかる」ためには「コトバ」にしないといけない

ただ、何かと何かをつなげて考えることはスキなのは間違いなさそうです。一見関係なさそうなものの関連を見つけ、深掘りしてみることに好奇心を持っていますが、結局それらもコトバにしないことにはわかったとは言えないということに改めてに気付かされました。

今回の登壇の機会は、来場者に対して発表して提供するだけでなく、自分自身がコトバにすることで改めて「わかった」自分自身の学びの場であったのです。

私の学びの場でとりとめもない話を多くの人に聞いて頂きありがとうございました。皆さんの興味期待のフックに引っかかれば幸いです。

kkd’s-remarks

いきいきとした人生のために考え、行動し、生成される何かについて書き留める。

Takeshi Kakeda

Written by

I’m Thinker, Doer, Maker, and Runner in Ehime, Japan. My blog is http://giantech.jp

kkd’s-remarks

いきいきとした人生のために考え、行動し、生成される何かについて書き留める。

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade