サービスデザインアドベントカレンダーをHot wordごとにまとめる(後半)

Akiko Kawabata
Dec 29, 2017 · 8 min read

の記事の内容をHot wordごとにまとめてご紹介しています。

前半は

今回は「サービスデザインの概念」「サービスデザインの事例紹介」「SDN Meetup」です!

Keyword4:サービスデザインに関する概念

サービスデザインに関連する様々な概念や議論についてのまとめです。

サービスの差別化を考えるときにまずやるべきこと

アトリビュート分析という手法を取り上げて紹介されています。サービスの立ち位置・差別化ポイントを見定めるために重要になってくる考え方だなと感じました。

こういったフレームワークがあると、重要な意思決定をおこなっていく中で、メンバーの目線が合うので良いですよね!知識としてこういった役立ちそうなフレームワークどんどん貯めて行きたいです。

サービスデザインスプリント再考 ――「問い」の観点より

二種類のデザインスプリント(Service Design SprintとGoogle VentureのDesign Sprint)を説明し、さらにそこからサービスデザイナーの役割を山岸さん流に解釈されています。

問うこと。アブダクションを導き出すこと。今のところは、自分の中でそれが「サービスデザイナー」の重要な役割および職能だと定義付けておきたい気持ち。

アブダクション(仮設形成)がしっかり成されないとサービスやプロダクトは進んでいかないので、そこにしっかりと先導者として入り込んでいくことが重要なのだなと思いました。

サービスデザインとISO 9241–210

人間中心設計のプロセスに関する国際規格である、「ISO 9241–210」についての解説です。不勉強だったので、そもそも国際規格って製品の大きさとか指定するためのものじゃないの?HCDの規格ってどういうこと?レベルでした。

わかりやすいスライドと、「本企画は人間工学の実践におけるマネジメントのためのガイドラインとしての側面がある」という言葉にしっくりきました。確か「UXデザインの教科書」にもこのあたりの言及があったから読み返してみようかな…

Keyword5:サービスデザインの事例紹介

サービスデザインの改善事例を紹介いただいた記事です。

漁業とサービスデザイン

甑島の漁業の未来を支えるプロジェクト「KOSHIKI FISHERMANS Fest」ができるまでのプロセスを、サービスデザインの視点から解説されています。

0→1で考えるプロセスもとても面白いですし、甑島そのものの魅力もすごい伝わってきます。仲間になってみたくなる記事!

暮しの手帖のすごさをネットサービスの設計者はみんな理解したほうがいい話

暮らしの手帖のこれまでの特集をとりあげながら、そのビジョンドリブンな姿勢を解説していただいています。

人気雑誌であるにも関わらず、ミッションである「暮らしを良くする」に対して忠実に突っ走っている様子は、とても羨ましい気持ちを抱きました。(思わず暮らしの手帳買いました)

今だと、LDKが思想として近い雑誌になっているのかな・・・?

The biggest opportunity for Japanese business is service

日本でそれぞれのエコシステム(Ecosystem)を作り上げた、無印や、アンデルセンといった企業を紹介しながら、日本企業の現状と課題感についてまとめられています。

・Looking outside the box:サービスの周りを取り囲むエコシステムにも目を向ける
・One way of doing this could be a platform strategy, where there is a strong sense of openness and API’s :プラットフォームになる
・This is one of the key concepts of the service mindset, as opposed to a manufacturing mindset. :サービスデザインのマインドセット持つ

Keyword6:SDN Meetup

12/14に行われたSDN Meetupについてのツイートです。(今回はツイッターやインスタグラムなどのSNSでの参加でもオッケーです!としてました!)

SDN Japan Meetup 04 Hashtag

当日の様子がこちらのハッシュタグでまとまっています!

山岸さんは当日のスライドもslideshareにあげてくださっています!

こちらのMeetupで私が一番面白かったのはArthurさんの話でした。

このLobbyとSalonの話は、先日の記事の中のキーワードとしても取り上げた「コミュニティづくり」という話とも関わってくるのかなと思っています。日本ももっとサービスデザインについて議論できる場がほしい!


ここまで読んで「前半も気になった!」という方はこちらから

まとめ

今回のアドベントカレンダーで、私自身記事を書きながら、また他の方の記事を読みながら、「書く・伝える」ということについてすごく考える一ヶ月となりました。

もちろん昨今デザイン業界の発信はSNSを通して盛んにはなってきているのですが、その情報が出回っているのはデザイナー界隈だけ、、、ということも多いです。twitterで話題になっていることも、会社の人は知らなかったり・・・

まだ情報が届いていない人にも届くためには、質のよい情報・情報提供者の絶対値を増やすというところも重要で、今回は「初めてのnote投稿!」という方もいて、少し貢献できたのかも、、、と思っています。

また、個人的には社内でのサービスデザインの考え方啓蒙活動も行っているので、社内の人を何人か巻き込めたのもよかったなと思っています。

今年一年(特に下半期)これまであまりなかった社外の人からお話を聞く機会が増え、カンファレンスにも積極的に参加し、周りの人に迷惑をかけながら、去年以上にインプットできた年となりました。来年はこういった、アウトプットも増やしていけたらと思いました('▽'*)

kmdrism

こまどりのサービスデザイン周りに関する感じたことメモです。5分以内で読める記事を心がけています。

Akiko Kawabata

Written by

こまどり / UX Designer / Art Director / 趣味ものづくり全部

kmdrism

kmdrism

こまどりのサービスデザイン周りに関する感じたことメモです。5分以内で読める記事を心がけています。