【よくあるご質問】Kodomo Edu主催「英語アートサマースクール2017」

よくあるご質問【英語アートサマースクール2017】

既に応募いただいた皆様、これから応募を考えられている皆様から、複数のお問い合わせを頂いておりますので、ここにQ&Aを作らせていただきました。
 まずは下記をご確認いただき、その他にもご質問がありましたら、info@kodomo-edu.com までご連絡ください。

Q1. 今年8月までに3歳になりますが、まだ幼稚園に通っていません。受講できますか?

A. はい、「3歳から」となりますので、受講いただけます。

Q2. まだオムツが外れていないのですが、大丈夫でしょうか?

A. はい、熟練のママスタッフが待機していますので、オムツ替えやトイレのお手伝いも問題ありません。ただ、施設内でゴミを回収していないため、オムツのゴミは持って帰っていただくことになりますので、必要な枚数のオムツとビニール袋数枚をご用意ください。

Q3. 親も子も英語に自信がないのですが、参加しても大丈夫でしょうか?

A. はい、問題ありません。クラス内でも複数のバイリンガル先生がサポートいたしますし、送り迎えの際もバイリンガルスタッフがおりますので、何かお困りの際はお声がけください。授業での様子をレポートする「ドキュメンテーション」も、スライヤ先生が書いた英語文章と合わせて日本語翻訳文も添付いたします。

Q4. 15時〜17時の延長は何をするのですか?

A. 15時〜17時は英語保育となり、バイリンガルの先生たちが英語で本の読み聞かせや、英語で一緒にゲームをしたりと、楽しく英語でお遊びをする時間となります。レッジョ・エミリアの授業は子供達の集中力が必要となり長時間は続かないため、15時以降はリラックスして英語を学べる時間にいたしました。

Q5. 生徒の人数は何人ですか?

A. 定員はWeek1, Week2ともに30名ずつとなります。現時点の応募状況を見ると恐らく2週とも30名近くのお子さんが参加されることが予測されます。30名に対してスライヤ先生・サム先生含め6名の先生が対応いたしますので、先生1人に5名の生徒の割合は維持いたします。

Q6. 外遊びはありますか?

A. 会場となる世田谷ものづくり学校の目の前には世田谷公園があるので、日差しが強くない時間帯にみんなで遊びに行くことになると思います。ですが、会期が夏真っ盛りのため、気温や日差しの状況を見て臨機応変に対応したいと思います。外遊びは全員参加の強制活動ではありませんので、製作を続けたいお子さんは1日室内で過ごすケースもあるかと思います。

Q7. お弁当は注文できますか?

A. はい、できます。ご希望の方を対象に、施設内併設のカフェでキッズランチボックスを注文する予定です。お弁当ご注文については、サマースクールが近づきましたら参加者の皆様に別途ご連絡いたします。

Q8. 万が一地震が起こった場合はどこに避難しますか?

A. 地震の際は、会場の世田谷ものづくり学校の目の間にある「世田谷公園」が避難場所となります。世田谷ものづくり学校自体は、通常の建築基準の1.5倍の耐震強度を満たしているため、震度7の地震でも被害は小さい構造になっているとのことです。周りに高い建物もないため、被害は最小限となる環境です。

Q9. キャンセルポリシーはどのようになっていますか?

A. 旅行などの何かしらのご都合により参加できない場合でも、ご入金後のご返金は致しかねます。当日にお熱やお風邪でご欠席される場合は、お休み1日に対して、Kodomo Eduの今後のワークショップ1回を無料でご参加いただけます。

以上となります。上記にないご質問がありましたら、info@kodomo-edu.com までご連絡ください。
 皆様の当日のご来場をスタッフ一同心より楽しみにしております。


Originally published at Kodomo Edu.

Like what you read? Give Yoshimi Ueda a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.