【アメリカ有名幼稚園発!幼児教育セミナー2018】 21世紀教育における認知能力と創造力の育成とは

昨年大好評だった来日特別講演のセミナー完全版開催決定!

昨年の12月、Kodomo Edu(こども・えでゅ)と子ども教育立国プラットフォームさんと共催で開催した大好評来日セミナー。ロサンゼルスではレッジョ・エミリアを早々に取り入れた老舗の幼稚園ということで有名な「エバーグリーン・コミュニティー・スクール」の創設者、アリース・アイヴィさんが来日され、ご自身の園で長年に渡り開発した教育アプローチの概要を、日本の教育者の皆様に共有いたしました。
 (詳細はこちら⇨「世界が注目するアメリカ有名幼稚園の21世紀教育法とは?創設者の来日セミナー開催!」)
 実はここでの内容はまだイントロダクションに過ぎませんでした。子供が21世紀に必要とされる能力を身につけるための手法を、余すところなくアリースさんが伝授する完全版教師育成プログラムが、とうとう正式に日本で開催される事になりました!
 世界中の幼児教育者が視察するEvergreen Community Schoolだけあって、この教育アプローチはアメリカ国内にとどまらず世界の複数の国で広まっています。

子供達が21世紀に必要とされる能力を備えるために

エバーグリーン・アプローチは、子ども達の学ぶ楽しさを最大限に引き出し、この激しい変化の時代に立ちはだかる困難にも立ち向かえる能力を備えます。未就学児から小学校低学年を対象とするこの素晴らしいアプローチは、レッジョ・エミリアを始めとする世界の数々の優れた教育手法を35年に渡り深く研究し続けた結果育まれました。

4セッションで構成される教師育成プログラム

本セミナーは、A, B, C ,Dの合計4セッションで構成されています。各セッションは2日間。各セッション終了後、学んだことを体系化したワークシートが配布されます。それに取り組むことでこのアプローチがどのように子ども達や自分自身の指導に影響を与えるかがよく理解できます。セッション毎に、学んだことをご自身の学校で是非実践してください。ワークシート提出後、アリース氏が直接レビューをしコメントをもらえます。A-Dの全セッションを受講しワークシートを完成させた方には、アリース氏が修了証を授与します。

【ロサンゼルス発:新時代の革新的な教育とは】
 21世紀教育における認知能力と創造力の育成
 セミナー:理論と実践

【セッション A】
 日程:2018年 9月1日(土)& 2日(日)
 時間:午前9時〜午後4時30分 (1時間のランチ休憩) (両日とも)
 内容:「理論:社会構成主義を理解する」
 ・教師が指導方法を見直す
 ・子供の”イメージ”
 ・子供のスキルと資質
 ・知る事と考える事
 ・疑う事と信じる事
【セッション B】
 日程:2018年 11月24日(土)& 25日(日)
 時間:午前9時〜午後4時30分 (1時間のランチ休憩) (両日とも)
 内容:「環境とマテリアル」
 ・場所の重要さ
 ・子供を視覚化する
 ・コミュニティーを形成する
 ・マテリアル:紙、粘土、絵の具、光と影
 (※注:セッションAを受講する方でないと受講できません。)
2019年 Coming Soon
 【セッション C】「少人数でのグループワークの仕方」
 【セッション D】「ドキュメンテーションの取り方:学びを視覚化する。そして親の関わり。
受講料:各セッション 39,000円
 主催:NPO法人子ども教育立国プラットフォーム、Kodomo Edu

応募はこちら→

幼稚園「エバーグリーン・コミュニティー・スクール」について
 1984年に設立されたロサンゼルス・サンタモニカにある幼稚園、エバーグリーン・コミュニティー・スクールは、30年以上に渡りレッジョ・エミリアをはじめとする世界の先端的な教育を参考にし、独自のアプローチを構築・実践している。アプローチで大事にしているのは、[子どもの好奇心に寄り添うことで、粘り強さ、創造力、好奇心、良い質問を構築する力を養い、21世紀に必要とされる学ぶ姿勢を身につける]ことである。また、園の名に「コミュニティ」と名がつくように、自園のみならずサンタモニカ周辺の園への教員養成の主導的役割も担い、地域の教育の質向上に貢献している。さらにはロサンゼルス全域およびアメリカ全土に渡り、教員養成・幼稚園運営指導を行っている。
 本講演の講師アリース・アイヴィ氏は園の設立、30年以上にわたる教師としての実践を経て、現在アメリカ国内のみならず中国・ニュージーランド・イスラエル・カナダ・スコットランド等世界各地でセミナーを開催しています。

講師:Alise Shafer Ivey(アリース シェィファー アイヴィ)
 カリフォルニア州・サンタモニカにある幼稚園、エバグリーン・コミュニティスクールの創立者であり現・会長。ロサンゼルス・ペダゴジカル・インスティテュート創立者および事務局長。UCLAエクステンション、サンタモニカカレッジなど大学での指導経験を持つ。また、アメリカ国内のみならず中国・ニュージーランド・イスラエル・ペルー・オーストラリア・ネパール・カナダ・スコットランドでもセミナーを開催。2001年プレンティスホール出版「教えることと学ぶこと:レッジョ・エミリアアプローチの共同研究」へ寄稿。また2012年にはTEDxでスピーカーとして登壇した。

講師からの言葉
 子ども達が持つ新鮮でオープンな目を通して世界を再発見しましょう。子ども達との真のつながりを持ち子ども達の創造性を伸ばせるよう、自分の扉を開きましょう。この講演とワークショップでは教師が効果的に下記のことができるようになるよう、探究します。
 ・子ども達の”不思議”を再発見する
 ・子ども達をより高いレベルの思考に惹きつける
 ・子ども達の生涯に渡る気質を育む
 ・子ども達を変化する世界に備える

Yoshimi Ueda // Tokyo

上田佳美/東京

【おすすめ記事】
 大反響のママイベント第2弾!「子供の教育とママの働き方シフトを考えるVol.2 〜東京ママができること」(7/7@青山)
 「
レッジョ・エミリア幼児教育とは何か?そして家庭で実践する方法とは?
 「
レッジョ・エミリア アプローチって何?② ”子供が100人いれば100通りの言葉がある”


Originally published at Kodomo Edu.