とあるネットフリマに触れて

知人より、ネット通販の出店をしたいという相談を受けました。ぱっと第一に、固定費が悩みどころです。加えて、某お役所から「現代の名工」認定を受けたその工芸作品も、「ネット住民」に対してはまだまだ知名度が低いという点も気になります。

ネットフリマの類で試験的に始めたいと、その知人が続けて持ち掛けてきました。出品コストは、出品登録作業の時間コストくらいかと思い、相談にそのまま乗りました。

ネットフリマでは失敗でもいい、とはその知人の弁。ネットフリマユーザと、百貨店の工芸品展等での購買層とは、かぶる部分がほぼ皆無と見えるからです。それでも出すからには、「高い売価を支払ってもこの作品が欲しいな」と思ってもらえるようにしないと意味が無いと思いました。いろいろ商品説明に込めたりしてみます。それでも現状、商品閲覧数は数十ユーザがいいところ。

体当たりでやるにも消耗戦の体となりそうです。宣伝をどこの媒体でどうするか。それを思いつつネットの海を行き巡るうち、この「medium」に行きつきました。情報発信で貢献をするよりも、宣伝することのほうが頭の中を占めています。

まあそんなこんなの記事が最初のstoryですみません。おいおい実のある話を書けるよう精進いたします。

Like what you read? Give コイツ 100兆ドラクマ a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.