ギャンブルの問題でお困りの方

ギャンブル依存症は重大な社会問題となっており、昨年にはギャンブル等依存症対策法案が提出されました。私たちは、全国有数のギャンブル都市である神奈川県の川崎市に初めてギャンブル依存の回復施設を開所しました。

競輪場と競馬場、二種の公営ギャンブル施設がある都市は全国でも5カ所程しかなく、パチンコ・スロット店舗数が全国4位の神奈川県内において、横浜につぎ川崎が2番目に多い地域となっています。川崎市内のパチンコ・スロット店舗数は100店舗弱で、1店舗が存在するために最低1000人の遊戯人口が必要だとすると、およそ10万人の遊戯人口が川崎に存在する計算になります。

ギャンブル依存症の有病率は2.7%または5.6%といわれ、人口比に換算すると、川崎市民の147.5万人に対し約5000人~1万人がギャンブル依存症者で何らかの援助や治療を必要とする対象者ということになります。

川崎市にお住まいでギャンブルの問題に困っている方、また川崎市以外の方にも、K-GAP(かわさき ギャンブラーズ アディクション ポート)のことを知っていただきたいと思います。小さな施設ですが、アットホームな施設であるよう、ギャンブル依存症のよき港となるようにと考えております。

一口にギャンブル問題といっても、パチンコ・パチスロ・競馬・競輪・競艇・カジノなどがやめられない、借金の問題がある、などさまざまです。まずはお電話やメールフォームから、お気軽にお問い合わせください。川崎市外の方でも対応させていただきます。

⇒⇒⇒