iPad Air2でFILCO Majestouch MINILA AIR US67を使い始めました

iPad Air2で使うためにハードウェアキーボードを新たに購入しました。

ある程度沈み込むキーボードが好きなので、メカニカルキーボードのFILCO Majestouch MINILA AIR(US配列)を購入。購入先はツクモネットショップです。

日曜の昼過ぎに発注して、次の日の午前中に秋田に届きました。素晴らしい!Bluetooth接続でテンキー無しのコンパクトタイプ です。キーボードには、ZF Electronics社製(旧Cherry社)MXスイッチが採用されています。スイッチは、黒、青、茶、赤と色で押しごごちが違います。私は、一番静音なタイプ の赤軸を選択しました。スイッチの違いは、ツクモネットショップのページで分かりやすく解説されています。

FILCO Majestouch MINILA AIRの大きさ

今まで使っていたAppleのワイヤレスキーボートと大きさを比べてみます。

今度はREUDOの折りたたみ式キーボードと比較。

3つ並べて。AppleWirelessKeyboardやREUDOの折りたたみ式キーボードより、ひとまわり、ふたまわり、大きいですね。

FILCO Majestouch MINILA AIRのキー配置

キーはUS配列で、69個のキーが並んでいます。画像はFILCOのサイトから。

US配列なので”英数”や”かな”キーが無いのは当然ですが、CapsLockとCtr、optionとcommandの位置が逆になっています。CapsLockとCtrは物理的に入れ替えできますが、optionとcommandの位置は変えられないので、違和感のある人がいるかもしれません。

スペースキーの両隣にあるFnキーと

iPad Air2とのペアリング

背面のコネクトボタンを細いペンなどで押すと、前面のランプが青く点滅し、ペアリングモードになります。1iPad側でBluetoothをONにすると”FILCO Bluetooth Keyboad”として認識されます。

コードを入力して…

無事にペアリング完了です。

日本語入力と英語入力の切り替え方法

CapsLockキーで切り替え

ハードウェアキーボードを接続した状態で、設定→一般→ハードウェアキーボードで”CapsLockで英字モードと切り替え”をONにすると、CapsLockキーを押すたびに、日本語・英語入力が切り替わります。CapsLockを使わない方ならこれでOK。

Ctr+Spaceキーで切り替え(CapsLockキーとCtrキーを入れ替えた方がいいかも)

CapsLockを使いたい方は、Ctr+Spaceで日本語・英語入力の切り替えができます。2しかし、Ctr+Spaceで切り替える方法だと、Ctrキーが一番左下に配置されているため、ホームポジションが崩れてしまいます。

そんな時は、交換用 のキーキャップと交換器具を使って、CapsLockキーとCtrキーを物理的に入れ替えることができます。交換後は、背面のディップスイッチで設定すれば入れ替え完了。これで、左小指でAキーの隣のCtrを押しながら、 右手でSpaceを押し、ホームポジションを崩さずに、日本語・英語入力の切替ができるようになります。

入れ替えできるキーとディップスイッチの設定は以下のとおり。画像はFILCOのサイトから。

FILCO Majestouch MINILA AIRのキーの押し心地

スイッチが赤軸なので、一番静かなタイプ。一番軽いスイッチなので、なでるよう静かにキーをタイプしても、文字が入っていってくれます。静音タイプのキーですが、叩くようにタイピングすると「カツン」という結構大きな音がします。がっしりした剛性感があるので、強くキーを叩く方でも安定したタイピングができると思います。

FILCO Majestouch MINILA AIRを買う前にチェック

パームレストが必要かも

キーボード自体に結構厚みがあります。

私は、使っているうちに左手首が痛くなってきました。角度調整ができるので、今は、ちょっと角度を立てて使っています。パームレストがあった方がいいかもしれません。

重量は700g超

持つとずっしりときます。重さは、本体が680g。電池(単三2本)込みだと700gを超える重量になります。iPad Air2が450gぐらいなので本体より重いキーボード(笑

この重量のおかげで安定して打鍵ができるのですが、持ち歩くのは辛いかも。私はバックパックに入れて持ち歩いてますが(笑

iPadでの作業効率が上がりました

上述のような点はありますが、FILCO Majestouch MINILA AIRを導入し、iPadでの入力効率はダントツに上がりました。今のところ、入力の遅延や暴走は確認できていません。価格が1万3千円程度と高価な部類に入りますが、安いキーボードを何台も買って試すぐらいなら、という気持ちで購入しました。結果、大満足です。

今秋にリリースされるiOS11では、ファイルマネージャーアプリ(iFile)、ドラックアンドドロップ、マルチタスキングが導入されるなど、PCと同じような作業効率が期待できるiPad。PCの代替としてのiPadの存在感が大きくなってくると思います。

  1. 説明書では、Ctr+Alt+Fnでもペアリングモードになると書いてありましたが、ダメでした。
  2. 説明書では、command+Spaceで切り替えできると記載がありますが、iOS10では、command+SpaceだとSpotlightが起動してしまいます。

Originally published at 新@kyotapyな日々.