げっこうぐらし!

Medium初のアニメアイコン爆誕!!!!

ということでTumblrへのヘイトがマックスなので移行してきました。キレイだもんね、こっちは。

ここではテーマとか決めずに書きたいことを適当に書いていこうと思ってます。

一発目は最近我が家にお迎えした、新しい家族について。

レオパードゲッコー、略してレオパのめるちゃんです!!和名をヒョウモントカゲモドキと言いまして、要はヤモリです。

なぜ急に爬虫類なのか。きっかけは好きなアイドルのツイートでした。

写真を見た瞬間に心を撃ち抜かれまして、、、

数日はYoutubeで動画を漁ったり、爬虫類飼育のマンガを読んだりして平静を保っていましたが…すぐ近くに専門店があることを発見。下見に訪れた結果…

気付いたらお迎えしてしまいました。

で、新しい家族が増えて2週間とちょっと。爬虫類飼いたいけど不安な人へ

「爬虫類飼うってこんな感じっすよ!」

っていうフレッシュな気持ちを伝えられるんじゃないかなと思い、筆をとりました。少し長くなりますが参考になれば幸いです。

飼育に必要な物

レオパに関してですが、犬猫と比べて比較的安く済みます。モノによっては一部屋必要とかいうパターンもあるそうで…爬虫類沼怖い…。店員さんに勧められた最低限のセットはこんな感じです。

  • ケージ 4,000円

この中で飼います。勧められたのは上がパカっと開くタイプのものですが、個人的にはオススメしません(後述)。

  • 500円

ケージの中に敷く砂です。誤飲の可能性があるので、粒が細かいものがいいです。また、見栄えは悪いですがキッチンペーパーや、ペットシートでも代用できます。

  • パネルヒーター 3,700円

ケージの床下に敷いて使います。全体を覆うのではなく、ケージの3分の1程度を温めて寒暖差をつけます。こちらのタイプだと強弱のつまみがついてるので調整が簡単です。

  • ウェットシェルター 500円

レオパは基本シェルター(隠れ家)の中にいる引きこもりです。上部に水を入れて爬虫類にとって重要な湿度を保ちます。

  • 温度・湿度計 800円

ケージ内は一定の環境を保つ必要があるので、頻繁に温度・湿度を確認する必要があります。これなら場所を取らないので、小さめのケージでもバッチリです。デザインはお察しですが…

シェルターの近くの暖かい場所に設置してください。

ここまでで約9,500円。だいぶお安く済みますね。

ここからは「レオパちゃんに最高の環境を整えてあげたい!」という人向けです。

  • ジェックス グラステラリウム3030 PT22600 6,200円

先ほどのケージと違い、観音開きになっているので開けるたびにレオパを驚かせなくて済みます(重要)。ビックリして餌食べなかったりするので…。

ロック機構のショボさだけがひじょーに残念。

  • タイマーサーモ 9,000円

爬虫類を飼うにはケージ内の温度管理が重要です。

店員さん曰く、昼は27〜8℃、活動する夜は30℃くらいにするといい、さらにそのなかでもケージ内の場所によって温度差をつけた方がいいとか…無理です。

このサーモスタットがあれば24時間、温度管理を自動で行ってくれます!

さらに照明器具を接続できるので、設定1の時は照明ONで27℃、設定2では照明OFFで30℃なんてことも出来ます。

照明用タイマーが付いてない廉価版?みたいなバージョンもあります。

ジェックスイージーグローサーモ 4,000円

  • 暖突 5,500円

天井に取り付けるタイプのヒーターで、冬は必須だと思います。うちは結構寒いので、この時期(5月中旬)だと結構動いてます。

ケージのサイズによって暖突のサイズも変えてください。

  • 照明

電球 1,700円
ケース 2,000円

タイマーサーモにつけて使用します。夜になると自動で照明が落ちてくれるので帰宅時間が不規則でもあんしん。

無くてもいいんでしょうが、窓際に置けない環境なので擬似的に日の出、日の入りを作るのに利用してます。

  • ロックシェルター 1,000円

レイアウトの為に入れてみたら寒い時はウェットシェルターに、暑い時はこっちにと使い分けています。

丸まって寝てるのがかわいい。

その他に、見栄えを良くするために流木やフェイクプラスティックツリー(Radioheadでは無いです。)を購入して出来たのがこんな感じ。

楽しそう

なんだかんだ買うので結局それなりの金額を使うことになりますが、レオパちゃんが楽しそうに散歩してるのを見てるとどうでも良くなります、ええ。

エサ ※虫注意

ここまではお金を犠牲にすることで解決出来ましたが 、エサに関してはあなた自身が犠牲にならないといけません。

月々のエサ代としては1,000円かからないくらいです。ただし、何を食べてくれるかは個体や、餌付けによって変わります。

運が良ければレオパ用のジェルフードを食べてくれますが、うちの子は今のところ、生きたコオロギしか食べてくれません…。

グラブパイという固形のフード(結局虫をすりつぶしたものですがw)や、冷凍コオロギ(!?)など色々試しましたが見向きもしません。仕方ないので今はプラケースで1週間分のコオロギを飼育しています。

虫めっちゃ苦手なのにどうしてこうなった…

まあ 虫に関しては正直慣れます。だってそれしか食べないんだもの。生き物を飼うってこういう事だと諦めてください。

それでもどうしても虫がダメな方は、ペットショップでフードに餌付いてる子を探してください。ずっと食べてくれる保証はありませんが。

餌の上げ方は、コオロギの頭と後ろ脚を取り、給餌用の長いピンセットで顔の近くに持って行き、チョイチョイっと動かしてあげてください。バクゥっと食いつく姿が最高にキュートです😍

うちの子はまだピンセットにも慣れてないので、触覚と後ろ脚を取って夜、ケージ内に放ちます。

翌日、余った分を回収するだけなので楽といえば楽なんですが、脚を取る時の気持ちはもう最悪です。気分は仮面ライダーを造った悪の組織です。

とまあ、なんだかんだ初期費用に結構かかったり、温度の管理やエサ問題があったりはしますが、むっっっっっちゃくちゃかわいいです。

掃除などの手間も1日5分程度だし、基本ほっとけばいいので一人暮らしの方でもあんしんして飼えるペットです。

のったのった歩き周ってる姿は本当に癒やされますよ!

しかしまさか爬虫類を飼う日がくるとは…

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Kyun’s story.