ラケットの選びかた「飛ばないラケット」ではなく違う呼びかたが正しい

サーブの軌道イメージも大切ですよね。

飛ぶラケット、飛ばないラケットよく言われているが、感覚的にはなんとなく言っていることはわかるのだが、具体的に理解できているのかと聞かれるとそうではない。

「飛ばないラケット」ではなく、「上がらないラケット」とう言葉の表現が一番正しいのではないかと思った。

正確には「振り抜いてもボールの高さを出せるラケット」かどうか。これを根底におきラケットを選んでみたらどうだろうかと試合をみてフっと感じた事であった。

そういえば最近の僕のラケットを選ぶ基準とするのは「軌道をイメージできるラケット」を好む傾向があったのでこれもボールが上がらなかったら軌道はイメージできないですもんね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.